岡村隆史、宮迫博之の闇営業問題での謹慎に蛍原徹は「宮迫がおったから今こうしていられる。だから、どうなってもかまへんねん」と言っていたと明かす

2019年6月27日放送ニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、雨上がり決死隊・宮迫博之の闇営業問題での謹慎に、相方・蛍原徹は「宮迫がおったから今こうしていられる。だから、どうなってもかまへんねん」と言っていたと明かしていた。

岡村隆史:これはね、もう「ホトちゃんやなぁ」っていうふうに思うんですけど。ホトちゃんは…こんなん言うたら、ホンマに「そんなん言わんでエエねん」って言うかも分からへんけど、ホトちゃんはもう「宮迫のおかげで俺、今あるから」って言うねん、あの人普通に。

「だから俺は、どうなってもしゃあないねん」って、あの人はそうやって言わはんねんって。だから、今はホトちゃんが頑張ってると思うねんけども、ホトちゃんの気持ちとしては、「宮迫がおったから、今、こうやってやらしてもうてんねん」って。

「だから俺は、もうどうなってもかまへんねん」って、ホトちゃんが言うわけですよ。だから、そういう思いも、ちょっと宮迫さんも分かった上で、反省してもらえたらなぁっていうふうには思ってますけれども。

まぁ、ホトちゃんは…「ホトちゃんも、ちょっとゴルフ行こうか?元気出しや、ゴルフ行こか」って言っても、ゴルフ行かれへん。「なんか遊んでると思われるのも、あれやろうしね」って。

だからもう難儀なことっちゃ、難儀なことやで、これ。ストレスも溜まるやろうしやな、みんな謹慎中に、メシも行かれへんわけやしね。じーっと家に籠もるしかないわけでしょ。

だからどうしてあげたらエエのかも分からへんし、どうすることもでけへん、こっちはね。まぁ、いつになるか分からないですけども、戻って来る時に、皆さんどういう迎え入れ方してくれはんのか、世の中の人が。そして、どういう反省の仕方するのかも、ちょっと分からへんけどもなぁ。難しいなぁ。

自分やったらどうするかなぁって、やっぱり思うねんなぁ。思うねんけど…難しいなぁ。



ナイナイのANN

本日の人気記事