とんねるず石橋貴明、バナナマンは大きなきっかけもなくタレントとして「いつの間にか位置を獲得していった」という印象だと語る

2019年11月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、バナナマンは大きなきっかけもなくタレントとして「いつの間にか位置を獲得していった」という印象だと語っていた。

リスナーメール:タカさんは今のバナナマンのことをどう思っていますか?出会ったときと比べて、成長したなと思うことを教えてください。

日村勇紀:すげぇ聞きたい(笑)

石橋貴明:最初に全然、箸にも棒にもかからなかったのは、さすがに覚えてないんですよ。

設楽統:「マネーのへら」ですね。あれはでもたしかに最初で。

日村勇紀:そう、そう。

設楽統:あれは覚えてなくても当然で。

石橋貴明:その後、『みなさん』に出てくれるようになって。設楽君は「やたら噛んじゃう人なんだな」って思って。

日村勇紀:トークダービーですか?

石橋貴明:そう。

設楽統:ああ。

石橋貴明:一回、すげぇ遠いところから中継のように「出入り禁止」って言われて(笑)

設楽統:あれは悪ハマリですよね。

石橋貴明:うん(笑)

設楽統:あれがでも…トークダービーってね、面白い話してどうこうってコーナーなんだけど、俺がどんどんダメで、いわゆるスタジオから出される。そこから今度はフジテレビに入れない。

日村勇紀:ふふ(笑)

設楽統:そしたら、今度はレインボーブリッジも渡っちゃダメ。

石橋貴明:ふふ(笑)

設楽統:どんどん離されていくっていう。でも、あれが逆にちょっとハマったなっていうか。

石橋貴明:うん、うん(笑)

設楽統:自分の中では「認識してもらえたな」っていうのが嬉しかったんですよね。

石橋貴明:でも、バナナマンっていつの間にか位置を獲得していったよね。

日村勇紀:はい。

石橋貴明:たとえばM-1だとか、なんとかで優勝したとか。「3位だけど印象を残した」とかで売れちゃう人いるじゃん。

設楽統:はい。

石橋貴明:でも、バナナマンって、そういうのないよね。

設楽統:一応、キングオブコントは一回出てんですけど、その時の印象じゃないと思います。

石橋貴明:そこで優勝したわけじゃないんでしょ?

設楽統:優勝じゃないです。

石橋貴明:なんとなく…

設楽統:きっかけがあんまりないんですよね。

石橋貴明:なんとなく、「あれ?バナナマンってすげぇいいところにいるな」って思いながら、なんか設楽君のドSぶりとか。

日村勇紀:ああ。

石橋貴明:そういうのがやたらと見え始めた時に、「バナナマン面白ぇなぁ」って。

日村勇紀:ああ。

石橋貴明:多分、俺とかノリタケが気づくより、テレビの向こう側の方が早く気づいてたんじゃない?

設楽統:ああ、多分だから俺の中では、日村さんが時計買ったり、ハワイ連れてってもらったので、なんとなく認識してもらって、呼んでくれるようになったなってイメージがあります。

石橋貴明:いや、だって俺はこの間もヒムケンに話したけど、野球部の2つ上の先輩がいるんだけど、多分、電話番号交換して10年ぐらい一度も電話かかってきたことのない先輩だったの。

日村勇紀:ふふ(笑)

石橋貴明:それがある時、いきなり電話かかってきて。「なんだろう?」って思って折り返しかけたら、「石橋、日村ってよ、あの番組で本当に買ってんのか?」って。

設楽統:ふふ(笑)

石橋貴明:「はい、買ってますよ」「そっか、アイツ天才だな」って。

設楽統:嬉しいね(笑)

日村勇紀:はっはっはっ(笑)

石橋貴明:全然連絡くれない先輩なの。たった一回、「あれは日村、本当に買ってんのか?」「はい、本当に買ってますよ」「アイツは天才だな。俺、大好きなんだ。伝えておいてくれ!」って。

日村勇紀:それ、言ってもらったことある(笑)俺はあのきっかけだよね。間違いなく時計、ハワイで買った。

石橋貴明:初めてハワイ行ったんだもんね。

日村勇紀:そうです。いきなり部屋にタカさんがやってきて。

石橋貴明:そう。

日村勇紀:そのままアラモアナショッピングセンターに連れて行かれて。

石橋貴明:パンツにちょっとオシッコついてて(笑)

日村勇紀:ついてて(笑)

設楽統:パンツで出てね(笑)

石橋貴明、『とんねるずのみなさんのおかげでした』は続けば続くほど「終わる時、どうなっちゃうんだろう」と思っていたと告白

バナナマン設楽、『みなさん』最終回の打ち上げでとんねるず2人に声をかけて写真を撮った日村の行動に驚く

とんねるず石橋、彼を慕うバナナマン・有吉弘行らの現在の関係を築くきっかけ「開き直り」



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事