ウエストランド井口、M-1決勝で「2回連続で10番手」となったことに「もう待ってる間が、とにかくしんどいんです」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之が、M-1グランプリ2022決勝で「2回連続で10番手」となったことに「もう待ってる間が、とにかくしんどいんです」などと語っていた。

高田文夫:どうした?抽選で10番目ってのは。どの段階で10番って分かったの?

井口浩之:いや、もうだから前回、2020年に出させてもらった時も10番で。

高田文夫:そうだっけ?

井口浩之:そうなんですよ。もう待ってる間が、とにかくしんどいんですよ。

松本明子:そうですよね、あれドキドキしますよね?

井口浩之:そうなんですよ。次出るかって、クーってなるんですけど、今回もまた10番だったんですけど。

高田文夫:うん。

井口浩之:ある意味、10番慣れしてたというか。やっぱ1回経験してるんで。

高田文夫:そういうの慣れがあるんだ?

河本太:待ち方、みたいなのが。

井口浩之:はい。

高田文夫:ああ、ウェイティングの方法があるわけだな。ウェイティングサークルみたいな。

河本太:そういうことじゃないですけど(笑)

高田文夫:そうだな、ごめんな、チャンピオンに(笑)

井口浩之:ふふ(笑)いや、あんまりコイツと絡まない方がいいですよ。盛り上がらないんで(笑)

高田文夫:怪我する(笑)

高田文夫:逆にじゃないんだよ(笑)

井口浩之:で、キュウと僕らが残ってたんで。

高田文夫:9番、10番がタイタンだったろ?

井口浩之:そこでタイタンライブみたいな感じになったというか(笑)勝手知る人と待てたんでよかったですね。

高田文夫:メンバーが減ってく中に、知り合いが残ったから。

井口浩之:それは本当によかったです。

ウエストランド井口、M-1グランプリ2022の勝因について語る「CMあけすぐに…」
2022年12月19日配信のYouTubeチャンネル『ウエストランド井口チャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之が、M-1グランプリ2022の勝因について語っていた。 井口浩之:順番の妙であったりとか。ギリギリな...
ノンスタ石田、ウエストランドのM-1優勝ネタは「生レバー」のようであると表現「時代も味方にしましたよね」
2022年12月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、ウエストランドのM-1グランプリ2022優勝ネタは「生レバー」のようで...
タイトルとURLをコピーしました