高田文夫、ダチョウ倶楽部・上島竜兵の葬儀で肥後克広や島崎和歌子が棺に入れたものに爆笑「もうおかしくてさ(笑)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・高田文夫が、ダチョウ倶楽部・上島竜兵の葬儀で肥後克広や島崎和歌子が棺に入れたものに爆笑してしまったと語っていた。

高田文夫:もう解禁だからいんだろうけど。俺もよその連中からみんな聞いたんだけどさ。竹山も言ってたんだけど。

松本明子:はい。

高田文夫:これは本ネタじゃなくて、あたまの方で「一年間、こんなことありましたよ」って話だから、多分言ってもいいんだろうけどさ。

松本明子:はい。

高田文夫:克明にさ、上島竜兵の葬式の模様を聞いたんだよ(笑)

松本明子:そうでしたね。

高田文夫:おかしくて(笑)あれ、みんな竜兵会とかよ、芸人が集まったじゃん。

松本明子:ええ。

高田文夫:で、俺も悪いかなって思ってさ。そしたら、結構芸人だけ集まってやったって言ってたじゃん。まぁ、色んな人から聞いてはいたんだけど、やっぱりおかしかったね。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:葬儀っていうか、お坊さんがお経読んでる時にさ、「せっかく竜ちゃんを送るならどうしようか」って、みんなで話し合って、「どうしようか。じゃあ、ヒゲだけは描いてあげよう」って(笑)遺体に、ヒゲを(笑)「当人も希望してたから、ヒゲだけは描いて欲しいかな」「ほっぺた赤くしても大丈夫だよな」って(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「棺桶みんなで運んで、一回、コツンって落として、『悪い、悪い』って言ったら、『なにすんだよ!』って起きてきて、『あ、生きてる』っていうのやりたいからな。一回ぐらい落としてもいいかな」って言ってたんだって。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:そしたら、ひかるちゃんって奥さんいるじゃない。

松本明子:はい、奥様が。

高田文夫:「アンタたち何やってんの?」「いや、途中で一回棺桶落としてもいいかな?」って言ったら、「そりゃダメよ。あそこご覧なさい」って、竜兵のお母さんが凄い弱って、泣いてんだって。

松本明子:ああ。

高田文夫:竜ちゃんのお母さん。「見てごらんなさい。あんな弱ってるおばあさんがいるのに、棺桶落とせる?」って(笑)

松本明子:それはダメだ(笑)

高田文夫:「お母さんさえいなければOK」って言ったらしんだよ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:で、「おでんをなんとかしよう」って言ってたら、リーダーがいなくなって、「あれ?リーダーは?」って言ったら、スーパーに行ってさ、おでんパックってあるじゃん、ビニールの。あれを山ほど買ってきてさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:で、敷き詰めて(笑)

松本明子:棺に敷き詰めて(笑)

高田文夫:そしたら島崎和歌子がさ、「竜ちゃんは若い時から私のこと好きだったのよ。だから、私が一番美しい時代の23歳の時の写真集があるから、それを抱いてもらいましょう」って言ってさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:島崎和歌子に持たせたっていうんだよ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:で、胸のところにさ、島崎和歌子の写真と、おでんをみっちり敷き詰めて死んでんだって(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:それ、何人かに聞いたんだけど、おかしくてさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)もう芸人さんばっかりが寄ってるからもう(笑)

高田文夫:島崎和歌子も凄いな、「23歳の時の写真集、今売ってないから」って(笑)そういう問題じゃねぇだろって(笑)

松本明子:ふふ(笑)竜ちゃんが喜ぶから(笑)

土田晃之、『アメトーーク』の上島竜兵を偲ぶ「ダチョウ倶楽部を考えようSP」で番組スタッフへ感謝「スタッフの愛情がね、フルに詰まってて」
2022年7月24日放送のニッポン放送の番組『土田晃之 日曜日のへそ』にて、お笑い芸人・土田晃之が、『アメトーーク』の上島竜兵を偲ぶ「ダチョウ倶楽部を考えようSP」で番組スタッフへ感謝していた。 土田晃之:ダチョウ倶楽部を考え...
土田晃之、上島竜兵が亡くなって『アメトーーク』で「ダチョウ倶楽部を考えよう」が放送されることに言及「今こそ考えなくてどうすんだ、と」
2022年7月3日放送のニッポン放送の番組『土田晃之 日曜日のへそ』にて、お笑い芸人・土田晃之が、上島竜兵が亡くなって『アメトーーク』で「ダチョウ倶楽部を考えよう」が放送されることについて言及していた。 土田晃之:昨日、一昨日ぐらいか...
タイトルとURLをコピーしました