爆笑問題・太田、立川談志の命日に思うその人生について語る「古典落語と格闘した一生だった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年11月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、立川談志の命日に思うその人生について語っていた。

太田光:談志師匠のことを書いたのね。

田中裕二:うん、うん。

太田光:「談志なら」とかあったじゃん。

田中裕二:うん。

太田光:「談志なら今頃、ネタにして」って。俺が統一教会ネタで炎上してた時に。

田中裕二:うん。

太田光:俺も散々怒ったけど。別にそのことを根に持ってるわけじゃないんだけど、そういうことをやっぱり考えちゃうわけだよ、俺も。

田中裕二:うん。

太田光:で、「立川談志」って軽く言うけど、あの人、一言じゃ語れない人だよって思ってて。

田中裕二:うん、うん。

太田光:昨日もさ、そんなことウジウジ、ウジウジ考えながらさ。

田中裕二:うん。

太田光:もうさ、ボロボロ泣いてたんだけど。

田中裕二:なんでだよ(笑)

太田光:分かんないよ(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:泣きはしないけど(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)なんだよ、それ(笑)

太田光:ただとにかく、今重要だなって思ったの、立川談志。

田中裕二:うん。

太田光:別に重要じゃないけどね。

田中裕二:なんだよ(笑)

太田光:ただ、分析はできないってこと。「分析はできないよね」って話を思ってて。

田中裕二:うん、うん。

太田光:立川談志って人間をだよ、分析したってしょうがないって思うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:立川談志がやってたことは間近で目撃してるから。

田中裕二:うん。

太田光:でも、「あの人、こうでした。こういうものです」って、分析なんかとてもじゃないけど言葉で足りるもんじゃないし。

田中裕二:はい。

太田光:そう考えるとね、学問にしちゃうこと。落語も、漫才も、お笑いもなんでもそうだけど、今、学校があって、学問にするじゃない。

田中裕二:うん。

太田光:俺は誰にも教えられるもんじゃないと思うし…お笑いなんて、こんな真面目な話したってしょうがないだろ、バカ野郎って話なんだけど。

田中裕二:どうした?(笑)

太田光:中条きよしだけどね、俺は。今度レコード出ますけどよろしく。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:学問にしちゃうとつまらなくなるっていうか、固定化されちゃう。

田中裕二:はい、はい。

太田光:それは俺の考えよ。俺の考えだけど。

田中裕二:うん。

太田光:本質からズレちゃうと思ってんの。それは『バク問学問』やってた時からずっと言ってんだけど。それでも俺は言葉でさ、だってどうしょうもないから。

田中裕二:そうだよね。

太田光:たとえば、三島由紀夫はなんで最期、割腹自殺したのか。あんだけ言葉が達者だったのに、最期、なんで肉体に頼ったんだって未だに俺は怒ってんだけど。会ったら言ってやろうかと思ってんだけど。

田中裕二:なかなか会えないよね。

太田光:そう考えると、談志師匠がやってきたことって、古典落語と本当格闘して。それは昨日、志の輔さんも言ってたけど、本当に一生格闘してたなって俺は思うのね。

田中裕二:うん。

太田光:元々、談志師匠だってさ、単なる少年だったわけじゃない。

田中裕二:まぁそうだね。

太田光:いつから談志になったかは知らないけど、落語好きな少年だった。

田中裕二:うん、うん。

太田光:落語に心酔していく過程があったわけだよ。

田中裕二:うん。

太田光:談志師匠の若い頃の日記ってあるんだけど、弟子入りした時からだから、その前は分からないんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:でも、恐らくさ、志ん生や文楽やさ、あの時代の名人に憧れてさ、寄席に通って。談志師匠にとっては、絶対的なものだったんだよね、古典が。

爆笑問題・太田、統一教会をめぐる発言を「立川談志が生きてたら悲しんでいる」といったやり口で批判してくる人たちに疑問「そのやり方を否定してんじゃないの?」
2022年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、統一教会をめぐる発言を「立川談志が生きてたら悲しんでいる」といったやり口で批判してくる人たち...
爆笑問題・田中、立川談志の名言「銭湯は裏切らない」に共感する理由
2022年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、立川談志の名言「銭湯は裏切らない」に共感する理由について語っていた。 リスナー...
タイトルとURLをコピーしました