伊集院光、兄との経験をもとに「吃音で悩む人」への周囲の接し方について語る「コンプレックスは、自分と他人の感じてることに差があって…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年11月4日放送のテレビ朝日系の番組『ぺこぱポジティブNEWS』にて、お笑い芸人・伊集院光が、兄との経験をもとに「吃音で悩む人」への周囲の接し方について語っていた。

松陰寺太勇:吃音を治す方法とかはあるんですか?

宮本昌子(言語障害研究者):今、完全に治せる方法っていう、はっきりした方法はないんですね。

伊集院光:歌はどうですか?

宮本昌子:歌ってる時に、スラスラになる方多いですね。

伊集院光:ウチの兄貴がそうなの。

伊集院光、吃音の障害をもった人たちが働く「注文に時間がかかるカフェ」のVTRを見て兄も吃音で苦労していたと告白「その時の思いが溢れてきちゃって」
2022年11月4日放送のテレビ朝日系の番組『ぺこぱポジティブNEWS』にて、お笑い芸人・伊集院光が、吃音の障害をもった人たちが働く「注文に時間がかかるカフェ」のVTRを見て兄も吃音で苦労していたと告白していた。 伊集院光:奇跡的なこ...

松陰寺太勇:へぇ。

伊集院光:ウチの兄貴が、むしろ歌上手で。みんなで校庭で野球やってたら、兄が血相変えてきて。

松陰寺太勇:はい。

伊集院光:凄いことが起こったらしくて。いつもより吃音が酷く出ちゃって。まったく何言ってるか分からない。

松陰寺太勇:うん。

伊集院光:で、凄い慌てて伝えようとしてるから、「お兄ちゃん、歌って、歌って」って言ったら、「給食室がぁ~燃えているぅ~」って。

松陰寺太勇:へぇ。

伊集院光:だから、緊張すればするほど、彼は出てしまうんです。

松陰寺太勇:ああ。

伊集院光:でも、歌ってことに関しては、全く出ないっていう。

シュウペイ:へぇ、不思議ですね。

松陰寺太勇:そもそも、原因っていうのは解明されてるんですか?

宮本昌子:明確にはなってないんですけど、7割ぐらいは遺伝で説明できるんですがあとの3割がまだ分かってないっていう状況です。

松陰寺太勇:では、基本的に先天的なものってことですか?

宮本昌子:そういうことですね。

松陰寺太勇:ああ、そうなんだ。

伊集院光:これだけ原因が分かってないところで、対処も難しいとは思うんですけど、周りの人間がこういう接し方をしといて損はないやり方ってありますか?

宮本昌子:個人差はいろいろあるんですけども、言葉に詰まった時に、「大丈夫?」とか、「リラックスして」とかっていうんじゃなくて、話の内容を最後まで聞くってことが一番大事だと思っています。

伊集院光:いや、なんかさ、お笑いが緊張してる時に、「大丈夫、大丈夫。大丈夫、大丈夫」ってキツイじゃん。

松陰寺太勇:ありますね(笑)

伊集院光:もう喋れないじゃん。

松陰寺太勇:はい、はい(笑)

伊集院光:あれにちょっと近い。ただ待ってくれれば言えるのに。

松陰寺太勇:うん。

伊集院光:どんなコンプレックスもそうだけど、自分が感じてることと、他人の感じてることにちょっと差があったりするから。

松陰寺太勇:はい、はい。

伊集院光:向こうは気軽に「もう汗かいてんじゃねぇかよ」って言うかもしれないけど、こっち側が思春期だったりすると、もうそのショックで汗が止まらなくなったりするわけ。

松陰寺太勇:うん。

伊集院光:で、言うと、吃音なんかは、向こうは簡単なイジリだと思っても、自分は吃音であるっていうコンプレックスがあると、よりプレッシャーになってっていうことは俺はあると思うから。

松陰寺太勇:そうですね。

伊集院光:だから、さっきのカフェのいいところは、それをみんなが共有した段階からコミュニケーションが始まってるっていうのは、いいかな。

佐久間宣行P、『探偵ナイトスクープ』で吃音の少年が思いの丈を叫んで吃音が改善した回を絶賛「めちゃくちゃ泣ける」
2020年5月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、『探偵ナイトスクープ』で吃音の少年が思いの丈を叫んで吃音が改...
タイトルとURLをコピーしました