伊集院光、吃音の障害をもった人たちが働く「注文に時間がかかるカフェ」のVTRを見て兄も吃音で苦労していたと告白「その時の思いが溢れてきちゃって」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年11月4日放送のテレビ朝日系の番組『ぺこぱポジティブNEWS』にて、お笑い芸人・伊集院光が、吃音の障害をもった人たちが働く「注文に時間がかかるカフェ」のVTRを見て兄も吃音で苦労していたと告白していた。

伊集院光:奇跡的なことが起こってて。

松陰寺太勇:ほう。

伊集院光:僕はいつも、バラエティじゃ取り扱いづらいと思われてる時には、「ぜひ頼りにして欲しい」と思ってるの、実際、この番組で。

松陰寺太勇:はい。

伊集院光:で、今回もこの番組に呼んでもらったんだけども。

松陰寺太勇:はい。

伊集院光:実は、自分の尊敬してやまない兄が、まぁ酷い吃音なの。

松陰寺太勇:そうなんですか。

伊集院光:でも、兄貴のギャグセンスが凄かったりとか。

松陰寺太勇:あ、はい。

伊集院光:で、兄貴が教えてくれた漫画とか、ラジオとか。兄貴の影響を受けて僕はこの仕事をしてると思ってるんです。

松陰寺太勇:へぇ。

伊集院光:で、兄の苦労をしてた様とか、兄が笑われる瞬間とか、家族の接し方とかがもう、うわって(VTRを見て)溢れてきちゃって。

松陰寺太勇:身近で見てたってことですね。

伊集院光:見てた。だから、「こういうところがあるんだ」って思ったりとか。

松陰寺太勇:そうなんですね。

伊集院光:ちょっとビックリしてるかな。

松陰寺太勇:へぇ。ちょっとでも、吃音っていうものに対して、知らないことが僕はまだ多いかなって思いますね。

伊集院光、「妹がいればよかった」という願望を兄の一言が打ち砕いたと明かす「お前がマンモスコングと呼んでいるあの姉は、俺にとっては妹」
2019年8月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「妹がいればよかった」という願望を兄の一言が打ち砕いたと明かしていた。 伊集院光:僕...
学校に居場所を失った不登校児に親はどう対処すべきか-元・不登校児だった伊集院光が考える一つの解決策
伊集院光は高校時代、望んでいたレベルの高校への進学が叶わなかったということもあり、次第に学校へ通わなくなっていった。3年生の時にはほぼ学校には通わず、寄席を見に行くといったことをきっかけに落語家を志すようになった。 そんな伊集院は、...
タイトルとURLをコピーしました