おぎやはぎ矢作、小手伸也が「下北的不倫」を週刊文春により暴かれたことで苦言「こういうのは売れない内にやる遊び」

2019年10月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、俳優・小手伸也が「下北的不倫」を週刊文春により暴かれたことで苦言を呈していた。

矢作兼:小手伸也さん、あったね。

小木博明:出ました。「下北的」って、こういうことなんだなって。俺、記事読んで初めて知った。

矢作兼:俺、タイトルだけしか見てないんだよ。

小木博明:下北出身の役者さんって、そういうことなんでしょ、多分。

矢作兼:ん?

小木博明:ファンとか、そういうのに手を出すってことでしょ。

矢作兼:あ、これファンに手を出した話なの?

小木博明:俺もさ、あんまりちゃんと記事を読んでないから、間違えたら申し訳ないんですけど、多分、そういうこと。

矢作兼:うん。

小木博明:結婚してたんだけど、それ内緒にして。多分、ファンと出会って。

矢作兼:うん。

小木博明:ファン食いしてたってことでしょ、それ隠しながら。

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:そのファンがキレて、騙されたっつって。

矢作兼:ああ。

小木博明:それで文春に駆け込んだっていう、いつものパターン。

矢作兼:ああ。まぁ、有名になっちゃったからね、小手伸也さんがね。

小木博明:そう。

矢作兼:有名になっちゃうと、もうこういうのダメなんだよ。

小木博明:そう。

矢作兼:無名な時にやるやつだから。

小木博明:そう。で、これも「下北的ノリ」は当たり前なんじゃない?多分、これみんなやってたんだよ。

矢作兼:ああ、下北の人はね。

小木博明:そう下北でやってたことが、有名になっちゃったから、ここまで引っ張っちゃったの申し訳ないなぁと。下北的な感じを引っ張っちゃったっていうか、忘れられないままきちゃったのがっていう。

矢作兼:売れたら終わりだもんね。

小木博明:そう。

矢作兼:こういうのは、売れない内にやる遊びだからね。

小木博明:そうなのよ。俺はちょっと可哀想だなと思うんだけどね。

矢作兼:うん、まぁね。しょうがない。

小木博明:いいじゃない、それぐらいって思うけど。

おぎやはぎ小木、『偽装不倫』などのドラマを見て娘・まあるが「お父さん、そういうのしてないよね?」と言うと明かす

おぎやはぎ小木、不倫相手の条件は「俺とヤッて『恥ずかしい』と思う人」であると告白「相手側にもリスクがある人」

おぎやはぎ矢作、後藤真希の元彼カレとの不倫報道で「男女の浮気の違い」を語る「元カレに安心するっていうのはある」



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事

本日の人気記事