千原ジュニア、藤子不二雄Aに「本当に自分の面白いと思ったことをやった方がいい」と『プロゴルファー猿』の逸話を元にアドバイスされたと語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年9月7日配信開始となったYouTube動画『ジュニア小籔フットのYouTube』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、藤子不二雄Aに「本当に自分の面白いと思ったことをやった方がいい」と『プロゴルファー猿』の逸話を元にアドバイスされたと語っていた。

千原ジュニア:藤子不二雄A先生に何回か飲みに連れて行ってもらって。

後藤輝基:え?!マジですか。

千原ジュニア:うん。

岩尾望:ホンマもんの方のA先生ですよね?(笑)

千原ジュニア:ホンマもん。同期じゃない方の。

後藤輝基:はっはっはっ(笑)え?だって、レジェンド中のレジェンドじゃないですか。

千原ジュニア:もうめちゃくちゃ気さくやし、やっぱりターゲット、照準が若いから、子供やからか、めちゃくちゃ若い。

小籔千豊:うん。

千原ジュニア:「あの年齢の人って、ちょっとしんどいかなぁ」ってあるやん。全くそれない。「ジュニアはさ、本当に自分が面白いと思ったことやった方がいいぞ」って。

後藤輝基:うん。

千原ジュニア:「プロゴルファー猿を描く時に、ゴルフが今ほど市民権を得てなくて」って。ホンマにブルジョアしかやってない、めちゃくちゃ競技人口少ない時に、主人公猿で、ゴルフを少年漫画誌。「無理、無理、無理」って言われてんって。

後藤輝基:うん。

千原ジュニア:で、その時にやってはってんって。めちゃくちゃハマってて、ゴルフに。

小籔千豊:うん。

千原ジュニア:「いや、面白いから」って。押し切って、押し切って。「でも、あの大先生が言ってるから…」って、で、やったらめちゃくちゃ大ヒットして。全員、手のひら返して「ですよねぇ」って寄ってきたっていう。

後藤輝基:へぇ。

千原ジュニア、藤子不二雄Aが井上陽水に映画主題歌を依頼したその名曲『少年時代』に感動する一方で微妙な心境だった理由に驚き
2022年5月26日放送のテレビ朝日系の番組『2分59秒』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、藤子不二雄Aが井上陽水に映画主題歌を依頼したその名曲『少年時代』に感動する一方で微妙な心境だった理由に驚いたと語っていた。 千原ジュニア:A先...
伊集院光、『まんが道』の好きなシーンについて藤子不二雄Aと対談する中で「衝撃の事実」を明かされた過去
2021年7月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『まんが道』の好きなシーンについて藤子不二雄Aと対談する中で「衝撃の事実」を明かされた過去について語...
タイトルとURLをコピーしました