神田松之丞、落語芸術協会「成金」メンバーは下に見られていた「落語協会をぶっ潰す」ために結成されたと明かす

2019年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田松之丞が、落語芸術協会「成金」メンバーは下に見られていた「落語協会をぶっ潰す」ために結成されたと明かしていた。

神田松之丞:みんな知らないと思うんですけど、あんまりこの落語界を。落語協会、落語芸術協会、立川流、円楽一門って、大体4つあるんですけど。

芸協っていうのは、ずっと基本的に落語協会ってとこにバカにされてきたんですよ。もうなんかこう…今だと否定する奴いるんですけど、前座の頃とか、落語協会の奴とかと下働きの時に会うと、「芸協さんですか」みたいな感じだったの。

で、その落語協会の上の師匠方が威張ってんのはいいんだけど、上の人になればなるほど威張んないんだけど、その下っ端のテメェらまで威張るかって感じで。

「いつかテメェらぶっ潰してやるからな」っていうふうに思ってて、結成したのが成金っていうグループなのよ。違う、いろんな意味はあるんですけど。

一応、公にはね、「色んな人に落語を知っていただきたい、講談を知っていただきたいために、11人。落語家10人、講釈師1人で結成しましたって言ってるんですけど、実質は「
落語協会をぶっ潰すために」結成した、成金のリーダーが柳亭小痴楽兄さんですけど(笑)



神田松之丞 問わず語りの松之丞

本日の人気記事

本日の人気記事