武正晴監督、『全裸監督』のハイライト『SMぽいの好き』撮影シーンで山田孝之は「一発本番」だったと明かす「村西が手玉にとられるシーンなんで」

2019年9月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、Netflix配信中のドラマ『全裸監督』の武正晴監督がゲスト出演し、『全裸監督』のハイライト『SMぽいの好き』撮影シーンで山田孝之は「一発本番」だったと明かしていた。

武正晴:『SMぽいの好き』の場面の。

高田文夫:黒木さんの登場か。

武正晴:5話のね。

高田文夫:最高傑作だね。

武正晴:5話はもう、全部あの話でいいんじゃないか、みたいな。

高田文夫:もう、全編あれで。

武正晴:全編。もう、それだけの話にしようっていう。

松本明子:いよいよ、黒木さんが登場。

武正晴:そう、登場して。とんでもない名作と言われる(笑)

高田文夫:今に語り継がれる。

武正晴:それをそのままやるのか、我々的にオリジナリティでやるのかっていうところでやったんですけど、やっぱり山田さんと森田(望智)さんの2人がもう、くんずほぐれつで。

高田文夫:くんずほぐれつ(笑)

武正晴:彼女は最初からリハーサルとかで、何をするかを全部伝えておいたんですよ。

高田文夫:はい、彼女には。

武正晴:うん。体の動きから何から。で、どういうところを訓練しなさいとか、腹筋鍛える、背筋鍛えるとか。

高田文夫:凄いね、もうスポーツだね。

武正晴:スポーツですね。で、山田さんは村西が手玉にとられるシーンなんで、何が起こるか分からないんで、「あの、僕は一体…リハーサルないんですか?」「いや、山田さんは一発本番でいきますから」って。

高田文夫:やられちゃうから。

武正晴:それでもう延々とやっていく中で、彼がやっぱり凄い体使うわけで。

高田文夫:うん。

武正晴:もう、終わるたびにグロッキーで、膝が震えてきたりとか。

高田文夫:凄いなぁ。

松本明子:何時間ですか?

武正晴:10時間ですね(笑)

松本明子:10時間?!

武正晴:ぐらいやってましたから(笑)

高田文夫:うん。

武正晴:普通、10時間もかけてそういうことやる人いないですから(笑)

高田文夫:そりゃそうだよ(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事