『全裸監督』武正晴監督、村西とおるとの撮影前の対談内容を台本に反映させたと明かす「手と目を遊ばせちゃダメだよ」

2019年9月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、Netflix配信中のドラマ『全裸監督』の武正晴監督がゲスト出演し、村西とおるとの撮影前の対談内容を、台本に反映させたと明かしていた。

高田文夫:村西監督とは、一回お会いしたんですか?

武正晴:お会いしまして、撮影の前に。

高田文夫:直接?

武正晴:はい、お会いしました。

高田文夫:うん。

武正晴:もう、やっぱりしばらく見てしまいますね。

高田文夫:見ちゃう?

武正晴:喋ってるの。

松本明子:面白いんですか?

武正晴:面白いんですよね。「『百円の恋』は、3度見させていただきました」っていうのから始まって。

高田文夫:ああ。

武正晴:「ありがとうございます、光栄でございます」「でも、あの(安藤)サクラ嬢のシーンはよくなかった」とかね。

高田文夫:ああ。

武正晴:「もうちょっと、こういう体位でやった方がいいんじゃないか」とか。「そういう映画じゃないんで」っていう(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:アドバイスしてくれちゃうんだ(笑)

武正晴:でも、凄い「監督」でしたよ。

高田文夫:監督さんだったから。

武正晴:監督でしたよ、やっぱり。「こういうふうに撮って欲しい」とかね。「女はこう撮るべきだ」とか。

高田文夫:うん。

武正晴:「下に寝させてしまってはいけない、騎乗位でね」とか色んなことをおっしゃってて。「手と目を遊ばせちゃダメだよ」とか。

高田文夫:ああ。

武正晴:そういうのはやっぱり、シナリオにもう一回書き込んだりしました。

高田文夫:駅弁とは、とかな(笑)

武正晴:そうです。いいですね、ラジオで駅弁の話ができるなんてね(笑)

高田文夫:そうですよ、真っ昼間から(笑)

武正晴:はっはっはっ(笑)よかったです(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事