ノンスタ石田、真空ジェシカのM-1決勝ネタは「近年、増えてきた共闘型」であると指摘「僕らが若手の頃そんなんやったら、上の人にギャーギャー言われてた」

2021年12月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、真空ジェシカのM-1グランプリ2021決勝ネタは「近年、増えてきた共闘型」であると指摘していた。

石田明:真空ジェシカは近年、増えてきた共闘型というか。

岡村隆史:うん。

石田明:ともに笑いを作っていくタイプのコンビですね。

岡村隆史:ああ、ああ。なるほどね。

石田明:はい。対立構造ではなく、常に共闘なんで。だから、たとえば「木村拓哉さんのハンバーガーの持ち方」みたいなことって、普通にやってればスルーできるやつなんですよ。

岡村隆史:うん、うん。

石田明:別にツッコむ必要ないし、誰も気づかないんですけど。

岡村隆史:うん。

石田明:あそこにそういうことによって、ここで笑いが起きるっていう。

岡村隆史:ああ。

石田明:本来、昔は全然なかったタイプの。ここ近年増えていっている。

岡村隆史:ああ。ここ近年、よく見られるようになったパターン?

石田明:近年、よく見られるように。

岡村隆史:そこは今までイジらへんかった?スルーしてたのに?

石田明:昔は、僕らが若手の頃、そんなんやったら、上の人にギャーギャー言われてたりもしてたんが、最近では主流にもなってきつつあるんで。

矢部浩之:「近年」とか「主流」とか言うから、「教授」って言われんねんで(笑)

石田明:はっはっはっ(笑)

岡村隆史:賢いコンビやと思うねんな、言葉のチョイスとか。

石田明:まぁ、絶対そうですね。いい大学出てらっしゃるし。



ナイナイのANN

本日の人気記事