中川家・礼二、オズワルドのM-1グランプリ2021ネタについてボケを詰め込み過ぎず間をとれるようにすべきではと指摘「詰め込み過ぎるから、やっぱり時間に追われる」

2021年12月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『漫才サミットのオールナイトニッポン』にて、お笑いコンビ・中川家の礼二が、オズワルドのM-1グランプリ2021ネタについてボケを詰め込み過ぎず間をとれるようにすべきではと指摘していた。

中川家・礼二:オズワルドの友達を紹介するネタですけども。

中川家・剛:僕は93点ですね。

塙宣之:はい。

:あのネタは、よく劇場でも見るんですけど。

土屋伸之:あ、そうなんですか。

:劇場の方がやっぱり落ち着いて喋ってたなぁって感じで。

塙宣之:あ、そうですか。

伊達みきお:あの2人って、本当に落ち着いてますよね。

:落ち着いて喋ってますよね。でも、トーンはちょっと上がってたかな。

伊達みきお:あ、そうなんですか。

:なっちゃうのよね、競技やから。かかっちゃう。一オクターブ、声が上がってた気がする。

塙宣之:あ、そうなんだ。

富澤たけし:前のコンビがウケてたりすると、より。

:生放送っていうのもあると思うねんけど。

礼二:ある、ある。時間も気にせなアカンし。

:98ぐらいとれるぐらいの漫才やと思ってたんでね。まぁ、かかることはエエけとなんやけど、かかりすぎてたかな。

礼二:よう言うてましたけどね、剛さんが。「ボケ数を減らしゃいいのに」って。

塙宣之:なるほどね。

礼二:詰め込み過ぎるから、やっぱり時間に追われるっていう。最初から余裕を持って作っておけば、みたいな。

:ちょっとゆとり欲しかったな。

塙宣之:ちょっと怖がっちゃうんですかね、間をね。

:凄いいいネタなんですけどね。

塙宣之:インディアンスの時に言ってましたもんね、松本さんも。「拍手の時に待てない」って。錦鯉はそうでしたもんね。間がありましたもんね。

礼二:待ってたりしてたね。



ニッポン放送

本日の人気記事