高田文夫、林家三平の降板が発表される前に行われた『笑点』正月特番の収録ですでに三平が呼ばれていなかったと暴露

2021年12月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、林家三平の降板が発表される前に行われた『笑点』正月特番の収録ですでに三平が呼ばれていなかったと暴露していた。

高田文夫:桂雀々、間抜けだったよな。楽屋で「三平さん、降ろされたんだね」って。

松本明子:うん。

高田文夫:「おお、そうか。三平君が降りたか」って雀々が言っててな。

松本明子:はい。

高田文夫:で、「そういえば先生、私、『笑点』の新春スペシャル呼ばれて、この間、撮りましたよ」って。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「三枝さんとか私とか、上方勢もいて。で、『笑点』の正月特番、撮ったんですよ」って。

松本明子:はい。

高田文夫:「三平君、おらんかったな」って(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:気がつけよ(笑)

松本明子:「そういえば、おらんかったなぁ」って。

高田文夫:存在、薄いなぁ(笑)収録に行って知らないんだからさ(笑)

松本明子:可哀想(笑)

高田文夫:「そういえばおらんかったなぁ」だって(笑)

松本明子:「気がつきませんでしたわぁ」って(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事