高田文夫、黒柳徹子が親友・向田邦子を偲んで泣いている姿に爆笑問題・太田ももらい泣きしていたことに「鬼の目にも涙でさ」

2021年11月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、黒柳徹子が親友・向田邦子を偲んで泣いている姿に爆笑問題・太田ももらい泣きしていたことに「鬼の目にも涙でさ」などと語っていた。

高田文夫:太田もさ、あの男も本当いい加減だからな。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:いや、あれはよかったんだよ。土曜日、向田邦子。2時間よかったよ。

松本明子:向田邦子さんの。

高田文夫:見てないだろ?お前たち。誰一人見てない。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:本当、黒柳さんと太田光で進めながら、思い出の人が色々証言しててさ。

松本明子:うわぁ。

高田文夫:昔の映像とか、エッセイが流れたんだけどさ。

松本明子:へぇ。黒柳さんと向田さん、凄い若い頃ね。

高田文夫:むちゃくちゃ仲良いんだよ。黒柳さんなんかさ、NHKかどっかで収録があって、空き時間あると向田さんの家行くだろ。で、向田さん原稿書いてんだけど、「もう、来たの?しょうがないわね」って、ご飯作って食べさせて。

松本明子:そうなんですってね。

高田文夫:で、夜の仕事、そっから行くんだもん、黒柳さん。

松本明子:凄い仲良い。

高田文夫:だからもうさ、当時着てたワンピースとかいっぱい飾ってあんだよ。

松本明子:はい。

高田文夫:そしたら、それ見ただけで泣いちゃってさ。

松本明子:へぇ。

高田文夫:「これ着てたことあるわぁ」って。

松本明子:あらぁ。

高田文夫:太田も思わず、鬼の目にも涙になってさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:もうね、アイツ好きなんだよ、向田邦子。本を出してるからね。凄いんだよ。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事