高田文夫、爆笑問題・太田の選挙特番での炎上で光代夫人が心労で「痩せ細って」いたと明かす「線香花火の最後、ポトンと落ちた感じの細いのがさ(笑)」

2021年11月15日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、爆笑問題・太田の選挙特番での炎上で光代夫人が心労で「痩せ細って」いたと明かしていた。

高田文夫:先週、ビバリーで金曜、まんじゅうが来たろ?

松本明子:まんじゅう大帝国。

高田文夫:有楽城、優勝したっていうんでさ、番組やるっていうんできたじゃない?

松本明子:ええ。

高田文夫:で、まんじゅう来て、終わったらさ、もう本当に痩せ細って、ぽつーんと線香花火の最後、ポトンと落ちた感じの細いのがさ(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「お騒がせしております」って、可哀想だよ、太田光代夫人(笑)

松本明子:社長?

高田文夫:弱り果ててたもん。もう思いつめて、飛び込むんじゃないかって思ったね(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「大丈夫かな?」って思って(笑)「本当に、ああいう性格なもので…」って。

松本明子:はっはっはっ(笑)

高田文夫:「もう昔からああいう人なんです」って。もう思いつめてさ、手首切んのかなって思ってさ、エレベーターの前でさ。

松本明子:いやいや(笑)

高田文夫:ドキドキしたよ。

松本明子:社長(笑)

高田文夫:「お騒がせしてます」ってさ、大変だよな。いろんなことがあってさ、可哀想だよな。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:事務所なんか、電話鳴るからさ、仕事にならないらしいんだよ。クレームの電話とかも鳴るからさ。もういいよね。

松本明子:そうですね。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事