ドランク塚地、ナイナイ岡村と自分が同じようなことを言っても『はねるのトびら』スタッフは態度を丸っきり変えていたと暴露「昨日、俺、言うたのに…」

2021年10月27日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅が、ナインティナイン・岡村隆史と自分が同じようなことを言っても、『はねるのトびら』スタッフは態度を丸っきり変えていたと暴露していた。

塚地武雅:『めちゃイケ』に、『はねる』代表として一人で出る時あって。

若林正恭:うん。

塚地武雅:その時は、「フールバトル」っていうので。各ブースに分かれて、一人ずつ芸能人が座ってるわけ。

若林正恭:はい。

塚地武雅:で、門パーンって開いたら、「そっから笑わせてください」って。

若林正恭:へぇ。

塚地武雅:で、笑いません。けど、笑わせたら次のステージ行きます、みたいな。その前日、セットを見るところから始まって。

若林正恭:へぇ。

塚地武雅:で、「ここで井筒監督が座って、ここで小池栄子ちゃんが座って」って。

春日俊彰:はい。

塚地武雅:「それ、相手側は、もう笑わないっていうスタンスなんですか?それとも、フラットなんですか?」って質問したら、「そういうことを聞いてる内はお前、まだまだだな」って怒られて。

若林正恭:ふふ(笑)

塚地武雅:もう萎縮して本番よ。

ヒコロヒー:そうですよね。

塚地武雅:そしたらその日、岡村さんが同じこと言うてて。「すみません、フラットになるように言っておきます…」って言うてて。

鈴木拓:はっはっはっ(笑)

塚地武雅:「昨日、俺、言うたのに…」って思って。

若林正恭:全然違うんですね(笑)自分のチームの生徒と、外の先輩は違うっていう(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事