オードリー若林、パンサー向井には親近感を感じてハライチ岩井には「間違ったことを言えない」という緊張感を感じてしまう理由

2021年8月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、パンサー・向井慧には親近感を感じて、ハライチ岩井には「間違ったことを言えない」という緊張感を感じてしまう理由について語っていた。

若林正恭:パンサー向井君は、元々ボケやってたのよ、漫才で。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、ツッコミになって、任される仕事とかも、凄いなんだろうなぁ…共感があるのよ。

春日俊彰:ああ、若林さんと一緒か。元ボケでね。

若林正恭:そう、そう。

春日俊彰:そこからツッコミに回って。

若林正恭:俺、だから岩井ちゃんと喋るとさ、岩井ちゃんの前で間違ったことを言えないっていうさ(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)はいはい。

若林正恭:それあるからさ。そういうことなのかもしれないよね。

春日俊彰:岩井ちゃんの方が緊張感あるよね(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:こっちのね。

若林正恭:安いことを言えないっていうか。でも、そう思わすって芯とっていく人っていうか、必ず持ってんだよ。

春日俊彰:迫力というか。

若林正恭:で、岩井ちゃんそれ、若い時から貫き通せてる人で。貫き通せる人も何人かしかいないから。

春日俊彰:うん。

若林正恭:緊張してんのかもね、俺がだから(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:本番前も喋っててさ、漫才の話とかもしてたんだけど、そういうのあるなぁ。

春日俊彰:ああ、たしかにあるね。向井君にはないでしょ?

若林正恭:向井君とは仕事の話をしやすいよね。「あの仕事、どういう感じでどうなの?」とか聞きやすい感じはあるね。

春日俊彰:その差だよね。



オードリーのANN

本日の人気記事