東野幸治、伝説のドキュメンタリー『イゾラド』『ヤノマミ』を制作した国分拓Dの現在に驚き「今、札幌に飛ばされて毎日酒飲んでます」

2021年8月6日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、伝説のドキュメンタリー『イゾラド』『ヤノマミ』を制作した国分拓ディレクターの現在に驚いたと語っていた。

東野幸治:「次の作品は何ですか?」って質問して。あと一個だけ撮りたいねんって。って言ってました、本人は。

で、「今、それ動いてるんですか?」って言ったら、「今、札幌に飛ばされて」って。「やることないから、毎日、酒飲んでます」って(笑)はっはっはっ(笑)

どう考えても、出世しない人でしょ、ああいうの撮る人って(笑)だからとにかく、札幌にいてるって。

「札幌に来てくださいよ、お酒飲みましょうよ」って言うて、「そうですね」って。「緊急事態宣言とか、コロナが収まったら札幌遊びに行きます」っていうふうに言って、お会いしたんで。

多分、30分番組やからほぼほぼカットやと思いますけど、その『3分ドキュメンタリー』って番組で国分ディレクターに会ったっていうのは楽しかったなっていう。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事