オードリー若林、劇団ひとりが若手時代に披露していたクレイジー過ぎるネタに「一番イカれてるな」と思ったと告白「ヤバイな、この人」

2021年7月26日放送のテレビ朝日系の番組『激レアさんを連れてきた。』の未公開トークにて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、劇団ひとりが若手時代に披露していたクレイジー過ぎるネタに「一番イカれてるな」と思ったと告白していた。

弘中綾香:劇団ひとりさんは、『激レアさん』初登場でございます。よろしくお願いします。

劇団ひとり:お邪魔します、よろしくお願います。

若林正恭:初登場。

弘中綾香:なんでも、若林さんは若手時代に、ライブで大暴れするひとりさんに衝撃を受けたと聞いたんですけれども。

劇団ひとり:え?

若林正恭:手伝いをしてたんですよ。その時に、ひとりさんとかが出てて、本当に今までで見た袖からの芸人さんで、「一番イカれてるな」って思って。

劇団ひとり:なんでよ(笑)普通にネタやってたでしょ(笑)

若林正恭:いやいや(笑)コンテストの持ち時間って、みんな守るんですよ、基本的に。で、ホープ大賞っていうのがあって、本当、倍ぐらいオーバーして(笑)

劇団ひとり:ふふ(笑)

若林正恭:ずっとなんか目の前の女性のお客さんをずっと口説いて(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

若林正恭:最後、水かぶって返ってきたんですよ、ひとりさんが(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

若林正恭:それを袖で見てて、「ヤバイな、この人」って思ったのが何度かありますね(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

弘中綾香:じゃあ、もう枠を超えてるっていうか。

若林正恭:タガが外れてる人だなって思ってたから、テレビで会ってもずっと怖い人だなって(笑)

弘中綾香:でも、ご本人は覚えてない、と。

劇団ひとり:覚えてないですね。その時は、無茶するのが…袖の芸人を笑わせるのがちょっと楽しい時期だったんですよ。

若林正恭:同期ぐらいの先輩たちは笑ってたけど、俺たちは若手だから引いてましたよ(笑)

劇団ひとり:ふふ(笑)



激レアさんを連れてきた。

本日の人気記事