おぎやはぎ矢作、第一子が誕生して仕事の合間に訪れた病院の新生児室にいる我が子は「やっぱり、ずーっと顔を見てられる」と告白

2019年8月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、第一子が誕生して、仕事の合間に訪れた病院の新生児室にいる我が子は「やっぱり、ずーっと顔を見てられる」と告白していた。

矢作兼:(子供が生まれて)3~4分、助産師さんが綺麗にしてくれて。俺たちの方に持ってきてくれて。で、始めて見るわけ。

小木博明:ああ、なるほど。

矢作兼:それで、「へぇ」と。

小木博明:うん、そこで見るんだ。

矢作兼:うん。

小木博明:男の子って分かってたんだ?

矢作兼:分かってた。「男の子ですよ、立派なものついてますよ」って。

小木博明:ああ、よかったぁ(笑)

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:結構、いいカリしてんの?

矢作兼:まだカリはないのよ(笑)かぶってるから(笑)

小木博明:ああ、童貞…包茎ね。

矢作兼:童貞に決まってるだろ(笑)

小木博明:で、見て。

矢作兼:見て。その後、奥さんその後すぐ、手術があるから。また閉じる手術しなきゃいけないから、見て。

小木博明:うん。

矢作兼:で、ちゃんともう一回、面会できるのが1時間から1時間半後ぐらいかな。俺はもう、ずっと新生児室みたいなところで。

小木博明:ずっと見てられるもんね。

矢作兼:そう、そう。見てられるんだよ。

小木博明:で、どうでした?どういう気持ちなの?

矢作兼:可愛いんだよ、凄いやっぱり。新生児室とかもさ、別に何もやることないのにさ、ずっと見てられるんだけどさ、飽きずに。

小木博明:そりゃそうだ。

矢作兼:やっぱり、赤ちゃん生まれた時にさ、みんな「お父さん似ですね」とか「お母さん似ですね」って言うけど、赤ちゃんなんてみんな同じ顔じゃん、と。

小木博明:うん、言うね。

矢作兼:「そんなの分かるわけないじゃん」って。

小木博明:うん。

矢作兼:だけど、助産師さんとかはいっぱい見てるから。違いが分かるからっていうのよ。

小木博明:うん。

矢作兼:「お父さんにここ似てるかな」とか。で、あと自分の子供の場合は分かるとか。他人の家の子は分からないけど。

小木博明:自分の家の子は分かるかもね。

矢作兼:マジで、どっちにも似てないって思った、別に。

小木博明:いや、あれはちょっと奥さんに似てたよ。写真で見て。

矢作兼:ああ、そう。

小木博明:ちょっとね。今のところはね。それはコロコロ変わってくんだよね。

矢作兼:ああ、そうなんだ。

小木博明:小さい時って。「あ、今度、自分に似てきたな」とか、結構変わってくから。でも、最初は「奥さん似っぽいなぁ」って。

矢作兼:自分の子供なんだけど、自分に瓜二つのジュニアが出てきたって想像すると、「俺のジュニアだ」ってなるけど、そういう感覚がないからさ、まだ得体の知れないなんか…

小木博明:最初は分からない。俺も全然可愛いと思わなかったし、最初(笑)

矢作兼:可愛いっていうか、ずーっと見てられるし、可愛いんだけど、正直あれはないよね。「俺の分身だ」みたいなふうには思わないんだよ。

小木博明:俺はなんとも思わなかったもん。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:「なんだ?これは」っていう。信じられない。

放送作家・鈴木工務店:お腹痛めたお母さんと、ちょっと違う感覚なんでしょうね。

小木博明:全然違う。こっちは全然、何もしてないから。

矢作兼:自分が産んだのとはね。

小木博明:うん。徐々になのね。

矢作兼:徐々にだね。

小木博明:徐々に、自分のやるようなことを、やり始めてくれたり、喋り方とか。「あ、そんなこと言うんだ」とか。

矢作兼:ああ。

小木博明:そういうので気づいてくんだよ。実感して、どんどん可愛くなってくる。「自分のジュニアだなぁ」みたいな。

矢作兼:たしかになぁ。生まれてから病院にさ、奥さんが入院するわけ。帝王切開だから、1週間ちょっとぐらいするんだよね。

小木博明:うん。

矢作兼:毎日さ、そんなに仕事もあるから長いこと居れないんだけど。1時間、2時間ぐらいしか居れないんだけどさ、行ってさ、やっぱりずーっと顔を見てられんのね。

小木博明:赤ちゃん、見てられるよ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事