ニューヨーク嶋佐、東京オリンピック開会式が振付師MIKIKOら辞任による混乱の影響で「低予算で今回やるしかなかった」ことに疑問「何それって話」

2021年7月25日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也が、東京オリンピック開会式が振付師MIKIKOら辞任による混乱の影響で「低予算で今回やるしかなかった」ことに疑問を呈していた。

嶋佐和也:やっぱ、当初のやつ見てみたかったな。

屋敷裕政:当初?

嶋佐和也:振付師のさ。

屋敷裕政:ああ。

嶋佐和也:解任されちゃった人の。流出…流出したじゃん。

屋敷裕政:え?俺、知らん。

嶋佐和也:『AKIRA』のバイクが走ってきて、で、未来の東京がプロジェクションマッピングで出て。

屋敷裕政:ほう。

嶋佐和也:で、スーパーマリオとかも出てきて、渡辺直美さんが「レディ?」っつってさ。

屋敷裕政:そんなに漏れたん?

嶋佐和也:そっち見たかったなぁ。

屋敷裕政:いやいや(笑)違うバージョンも見たかったっていうね。

嶋佐和也:そっちも気になった。どっちがいいとかじゃなくて。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:そっちがさ…なんかね、もうゴッタゴタですよね、本当に。だから言うじゃん。そっちがなしになったから、急遽でしょ。

屋敷裕政:うん。

嶋佐和也:でも、予算もなかった、みたいな。だから低予算で今回やるしかなかったっていうさ。

屋敷裕政:ああ。

嶋佐和也:それがおかしいもんね。「何それ」って話で。



ニューヨークのニューラジオ

本日の人気記事