山里亮太、佐久間宣行Pが『たりないふたり』の話題の時に「オードリー若林がやってる」と言って「一回も俺の名前出してくれない」ことが悲しいと告白

2021年6月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、佐久間宣行プロデューサーが『たりないふたり』の話題の時に、「オードリー若林がやってる」と言って「一回も俺の名前出してくれない」ことが悲しいと告白していた。

山里亮太:佐久間さんとかもね、『たりないふたり』の話をしてくれて。だけど、一個気になるのが、佐久間さん絶対、たりないふたりのライブのことを「若林がやってる」って言うのね。

で、一回も俺の名前出してくれないの。そうなると、小心者の俺は思うじゃない。「俺のこと嫌いなのかな?」みたいな。悲しくなっちゃうわけよ。

俺って、昔からブスなところあるから。「そっちが嫌いになる前に、俺が嫌ってやる」みたいな。それはもうよくないってなったからあれだけど。

なんかね、「若林がやってるライブで…」って感じで、悲しくなっちゃうんだよ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事