山里亮太、華原朋美がアイドルだった遠峯ありさ時代に「ヤバくなる前。ヤバかったのを隠せてた頃って言った方がいいのかな」と発言

2021年6月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、華原朋美がアイドルだった遠峯ありさ時代について、「ヤバくなる前。ヤバかったのを隠せてた頃って言った方がいいのかな」と発言していた。

山里亮太:(高校時代に)ナベちゃんが、「当たったよ、ついに」って、ある番組の観覧のチケットが当たったのよ。それは、俺たち日陰の子たちには眩し過ぎる番組なんだけど。

それがね、『シブヤ系うらりんご』って番組が昔あったのよ。今田さんがやってた。で、帯でそれやってて、渋谷で。パーソナリティも豪華だったよ。極楽さんとか、方正さんもいたし。

で、その時、まだアシスタントで遠峯ありさだったころの華原朋美さんとかね。だからね、まだヤバくなる前。

ヤバかったのを隠せてた頃って言った方がいいのかな。あとは、ナイナイさんの日もあって。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事