千原ジュニア、おばたのお兄さんのネタを見て売れるのは「コイツ、絶対ムリやな」と思ったと告白

2021年6月8日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、おばたのお兄さんのネタを見て売れるのは「コイツ、絶対ムリやな」と思ったと告白していた。

千原ジュニア:ネタでハネなくても、(SNSによって)潤う人はいっぱいおるしな。

屋敷裕政:そうなんです。

ケンドーコバヤシ:ああ、そうか。

千原ジュニア:だから、おばたのお兄さんなんてさ、この間も一緒やったけど、俺、一回、ちゃんとネタ見たことあって。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:「コイツ、絶対ムリやな」って思ってん。

ケンドーコバヤシ:ああ、昔。

屋敷裕政:ネタ見た時に。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:ちょっと厳しいかな、と。

千原ジュニア:でも、30秒をあんな自分のものにできる奴やとは思わへんかったもん。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:そうですね。そこの葛藤もあるっぽいです。昨日、令和ロマンとかナイチンゲールダンスって子らとZOOMで喋ったんですけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:要は、そいつらは漫才を大事にしたい、と。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:でも、同期で小銭を稼ぎ出すやつたちが多くて。

ケンドーコバヤシ:出てくるわな。

屋敷裕政:そいつらは、漫才を捨てたから目が曇っとる、みたいな。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:「NSCに入った時の気持ちを思い出して欲しいんですよ!」とか言うてるんですけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:NSC入った時の気持ちなんて、人それぞれ違ったりするじゃないですか。

ケンドーコバヤシ:うん。

屋敷裕政:だから、アイツらはずっと刀を捨てたくないけど、もう周りはどんどん刀を捨てて洋服着だしてるっていうか。

ケンドーコバヤシ:抜刀例が出た頃や。

屋敷裕政:そうなんですよ、全然違うんですよ、人によって。



にけつッ!!

本日の人気記事