山里亮太、バナナマン設楽に共演したコント番組で叱られて「非常階段で声を押し殺して泣いていた」過去を告白「体育座りで、膝を噛みながら」

2021年5月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、バナナマン・設楽統に共演したコント番組で叱られて、「非常階段で声を押し殺して泣いていた」過去を告白していた。

山里亮太:今言ってる(山里亮太、新垣結衣が「人生で初めてコントをした相手」は自分であると語る「俺、ガッキーがまだ10代の時に一緒になってっから」)そのコント番組で、俺は設楽さんに怒られ過ぎて、非常階段で泣いてたんです。

設楽さんが怖くて、非常階段で本当に…バレないように。体育座りで、膝を噛みながら。「ウーッ、面白くなりたい!」って。

「アドリブができない…」って言って、泣いてたんですよ。そんな俺の涙も、よそにガッキーは…いやぁ、おめでとうございますですよ、本当に。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事