山里亮太、新垣結衣が「人生で初めてコントをした相手」は自分であると語る「俺、ガッキーがまだ10代の時に一緒になってっから」

2021年5月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、新垣結衣が「人生で初めてコントをした相手」は自分であると語っていた。

山里亮太:ガッキーが結婚…俺、ガッキーがまだ10代の時に一緒になってっから、『落下女』。で、コント一緒にやってた時…ガッキーが生涯で、初めてコントした相手、俺だからね。何回も言うけど。

プロポーズのコントで。俺もテレビ番組でコントやるなんて、人生で初めてで。あれ以降もうやってないのかな?『ミレニアムズ』でやってるか。

その時に、俺もガチガチだったけど、その時言ったガッキーのセリフが素敵だったよ。「初めてのコントだったんですけど、私より山里さんが緊張してくれてて、私が緊張してる場合じゃないと思って、楽しくできました」って。

で、あとガッキーが師匠の役だったのよ。ベテラン師匠に、ウチらとか、バナナさんとか、ドランクさん、アンガールズさんとか、おぎやさんとかウチが「師匠」って。結構、ガッキーのアドリブに頼るようなコントで。

ガッキーが年配の師匠だから、おばあちゃんメイクみたいなのをしなきゃいけない時に、それが恥ずかしいって言って、顔を真っ赤にしてスタジオ入りしてたから…まぁ言ったら、親みたいなもんだね。娘の結婚を見送ってる感じ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事