山里亮太、宝塚歌劇団の凄さを改めて知って紫吹淳や遼河はるひへの今までの扱いを反省「井森美幸さんと扱いを一緒にしてたのよ」

2021年5月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、宝塚歌劇団の凄さを改めて知って、紫吹淳や遼河はるひへの今までの扱いを反省したと語っていた。

山里亮太:宝塚歌劇団、超狭き門。それでそこまで憧れ抜いて、この世界で歌いたい、踊りたいっていう、その中に入ることが大変で、入って。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:さらにトップになることなんか…

赤江珠緒:いや、もう本当。

山里亮太:ねぇ。世の中の人に知ってもらうなんてことが、いかに大変か。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:それで思ったのよ。俺が、よく…自分の凄い悪いところなんだけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:凄いって知ってから後悔するんだけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:なんか、三色ショッピングって『ヒルナンデス』のコーナーあるでしょ。

赤江珠緒:ああ、はいはい。

山里亮太:そこに紫吹淳さんが来た時の扱いを…

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:井森美幸さんと一緒にしてたのよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:それがね、凄い自分の中で…紫吹さんって…

赤江珠緒:そうね、トップだもんね。

山里亮太:今、宝塚を凄い一生懸命勉強して調べてると、凄い人なんだよね。

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:俺、めちゃくちゃさ…オチに使ってたのよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:なんてことしたんだろうって。

赤江珠緒:まぁ、それは紫吹さんのお人柄だろうけどね。

山里亮太:いい人なんだもん、だって。

赤江珠緒:そう、分かる分かる。そんな感じだもんね。

山里亮太:面白いしさ。だから、そういうイジり方していいと思ってたしさ。

赤江珠緒:うん、うん。

山里亮太:「ばあや」ってね、宝塚時代から横にいた人も。

赤江珠緒:マネージャーさんみたいな人かな。

山里亮太:そう、そう。トップヲタだと思ってたから。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)その業界の人とか、ファンからすると、「山ちゃん、その扱いは…」って思ってたかもしれない。

山里亮太:三色ショッピングでも、何個かOKしてあげればよかったなって。

赤江珠緒:それはしょうがない、ルールだから(笑)

山里亮太:遼河はるひさんも舐めてたなぁ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)あの方たち、本当にトップ中のトップの人たちだからね。凄いんだよね。



たまむすび

本日の人気記事