オードリー若林、特番でMCに起用してくれるのは「学生時代にラジオを聞いていた新人ディレクター」であると明かす「いつか…と思ってて」

2021年5月5日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、特番でMCに起用してくれるのは「学生時代にラジオを聞いていた新人ディレクター」であると明かしていた。

中岡創一:オードリー爆発きっかけはM-1で。で、春日がドカーンといったりとかで。

春日俊彰:まぁ、そうですね。

中岡創一:若林君のドカーンはどこやった?

若林正恭:いやぁ…でも、今、思い出したけど…その手前で、特番でMCっていうのがあったんですよ。

中岡創一:一回?

若林正恭:っていう時期があったんですよ。今、第7世代の子たちが、特番の単発の一回のMC、多いじゃないですか。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:その時に、先輩に冷やかされながら、「着実に、上がってるね」みたいなことを言われたのを覚えてて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、その特番がレギュラーになった時に、自分じゃないMCで始まってたのがいっぱいありました。

若槻千夏:切ない(笑)

コカドケンタロウ:へぇ、そうなんだ。自分たちの冠番組は?

若林正恭:だから名古屋とか、中京テレビでやってて。

春日俊彰:それが2010ぐらいで。

若林正恭:でも、そう考えると…これ、マジの話になっちゃっていいですか?

中岡創一:うん。

若槻千夏:聞きたい。

若林正恭:あのね、ラジオっすね。

中岡創一:やっぱラジオか。

若林正恭:大体、MCの特番やらせてくれるディレクターさんが、「初めてディレクターなんですよ。ラジオ、学生の頃から聞いてて、いつかって思っててめっちゃ嬉しいんですよ」みたいなことが多かったですね。

コカドケンタロウ:ラジオは何年からやってる?

若林正恭:あれは…

春日俊彰:凄い聞きますね(笑)

コカドケンタロウ:ちゃうねん(笑)

中岡創一:コカド君がずっと思ってたことなの、それは。



あちこちオードリー

本日の人気記事