ケンドーコバヤシ、映画『迷子になった拳』を笑顔で勧めてきた紗倉まなに「アイツ、マジでヤバイ奴やな(笑)」

2021年5月1日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、映画『迷子になった拳』を笑顔で勧めてきた紗倉まなに「アイツ、マジでヤバイ奴やな(笑)」などと語っていた。

ケンドーコバヤシ:数ヶ月前ぐらいにはなると思うんですけど、まなちゃんが「ケンコバさん、見ましたか?」って勧めてくれた映画を見る機会があって見たんですけど。

あるドキュメンタリーフィルムなんですよ。「ラウェイ」っていう、素手のムエタイと呼ばれる格闘技に懸けた選手のドキュメンタリーフィルムなんですけど。

本当ね、まなちゃんが俺に勧めてきただけのことはあるなって映画で。ドキュメンタリーフィルムっていうのは結局、光と影みたいなものが描かれるんですけども。当たっている光量と影の濃さの違いが今まで見た中で一番エグいというか。

まぁ簡単に言うと「ラウェイ」という格闘技に魅せられた青年が一人で日本離れて頑張るんですけども。まぁいろんなことがあって、タイトルが『迷子になった拳』という映画なんですけど。

結局、拳だけが迷子になっていってしまっていくという映画なんですけどね。もしかしてまなちゃん、これ見てケラケラ笑ってんのかなぁって思って、ゾッとしてきてね。たしか、俺にオススメしたときも笑顔だったんで。

アイツ、マジでヤバイ奴やな(笑)まぁでも凄い面白い映画なんでね、機会があれば見てください。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事