加藤浩次、指原莉乃はAKB48に入りたては落ちこぼれだったが次第に「アイドルの顔つき」になってついには「卒業生の中ではトップ」に上り詰めたと語る

2021年4月22日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、指原莉乃はAKB48に入りたては落ちこぼれだったが次第に「アイドルの顔つき」になってついには「卒業生の中ではトップ」に上り詰めたと語っていた。

加藤浩次:アイドルって言ったら、アイドル然とすべきなんだよね。

小沢一敬:素晴らしい。

加藤浩次:加藤家のしょうもない論争で考えてて。

スピードワゴン小沢、綾野剛が誕生日パーティーに参加してくれて「どうも、ニセの小沢です」と挨拶までしてくれると明かす

小沢一敬:うん。

加藤浩次:芸人は芸人然とするべきなんですよ。役者は役者然としていくってことが、その人のキャラクターを作っていくというか、周りに支持されることになってくのかなぁって思ったの。

小沢一敬:古くはだから、AKBの子とかも、入ってきたばっかりの頃は、普通の女の子だけど、やっぱりやってる内にアイドルの顔になってきますもんね。

加藤浩次:さっしーどうよ。

小沢一敬:ねぇ。

加藤浩次:さっしーなんかで言ったらね、落ちこぼれだったんだよ、最初。

大谷映美里:はい。

加藤浩次:AKBの落ちこぼれみたいな扱いで、何やってもできない、みたいな。

大谷映美里:はい。

加藤浩次:それが今や、もう、卒業生の中ではトップですよ。

小沢一敬:うん、胸張ってね、キラキラしてますもん。

加藤浩次:うん。そこになんかヒントがあるような気がしたんだよ。

小沢一敬:何のヒントを今、探してるんですか(笑)

加藤浩次:もう一個、自分が上に行くために(笑)

小沢一敬:まだ探してるの?(笑)

加藤浩次:そんな感じがしたんだよね。



アッパレやってまーす

本日の人気記事