伊集院光、藤原組長こと藤原喜明は「実は気が弱くて小心者」だったため「バラエティ番組に出る時は、いつもお酒を飲んでいた」と明かす

2021年4月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、藤原組長こと藤原喜明は「実は気が弱くて小心者」だったため「バラエティ番組に出る時は、いつもお酒を飲んでいた」と明かしていた。

伊集院光:(五十肩の中で着物の帯を絞める)この痛みは、昔、よくバラエティで藤原組長出てる時に、藤原組長って、実はあの人凄い気が弱いの。小心者なのね。

で、バラエティ出る時、いつもお酒飲んでからじゃないとあのテンションにならないっていう。たまにその飲む量を間違えちゃって、結構、ベロンベロンになって。

それでちょっと俺に関節技をかけた時のあの感じよ。藤原組長が泥酔状態で力の加減を分からずに素人の俺の腕を決めてたぐらいの痛さに着物を着るだけでなるわけ。

そんなのしばらく落ち込むじゃん。だから、(落語会で)楽屋で着替えて出るまでに、相当落ち込んでから出るっていう(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事