ケンドーコバヤシ、女芸人が哀川翔に突然キスをしたことで叱った過去「台本にないことしたらアカンで」

2019年8月17日放送の放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、女流落語家・桂ぽんぽ娘が哀川翔に突然キスをしたことで叱った過去について語られていた。

桂ぽんぽ娘:凄いお久しぶりなんで、覚えてらっしゃいますかね。10年ぐらい前に、『どっキング』という番組で「哀川翔さんを笑わせろ」ってコーナーがありまして。

ケンドーコバヤシ:『どっキング』?

桂ぽんぽ娘:はい。で、「哀川翔さんを笑わせろ」ってコーナーで、私、3人中の3番目だったんです。

ケンドーコバヤシ:うん。

桂ぽんぽ娘:で、結局、笑わせられなくて。最後、キスをしたら、ちょっと笑ったんですよ。

ケンドーコバヤシ:あった!

稲田直樹:勝手にしたキスね。

桂ぽんぽ娘:はい、そうです。

ケンドーコバヤシ:勝手にキスね。

桂ぽんぽ娘:その時に、ケンコバさんが本当にちゃんと、冷静に「台本にないことしたらアカンで」って叱ってくださって。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:怒ってくれるでしょう。この人、本当に優しいんですよ。

桂ぽんぽ娘:優しい声で、収めてくださって。

ケンドーコバヤシ:芸人同士やったらな。芸人同士に俺はルールなんかないと思ってるから。

河井ゆずる:まぁ、そうですね。ちょっと異業種のね。

ケンドーコバヤシ:異業種の方で、宣伝を込みで来られてる方に、放り込むのは危ないからな。

桂ぽんぽ娘:はい。

河井ゆずる:特に、大御所ですからね、哀川翔さんなんて。

桂ぽんぽ娘:そうなんですよ。

河井ゆずる:よう行ったな、それで(笑)

桂ぽんぽ娘:舌は入れてないですよ。

ケンドーコバヤシ:当たり前や。

河井ゆずる:これなんです、ぽんぽ娘の持ち味(笑)



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事