オードリー若林、「生き様芸人」となったのは放送作家・藤井青銅との出会いがきっかけと語る「辛いことはラジオで全部話しなさい」

2019年8月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、「生き様芸人」となったのは放送作家・藤井青銅との出会いがきっかけと語っていた。

若林正恭:(ラジオ日本『オードリー若林はフリートーカー・キング!』で)「全部話しなさい」って言ってたから、その時、(藤井)青銅さん(放送作家)。

春日俊彰:全部話しなさい?どういうこと?

若林正恭:辛いことは。

春日俊彰:ああ。だから、何回か番組行って。

若林正恭:うん。

春日俊彰:話を聴いてもらうじゃないですか。その時に?

若林正恭:うん。「もっと喋っちゃいけないようなことあっても、大丈夫」みたいな。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:辛いことだけど、みたいな。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:だから、困るよ、こっちは職業病だよ。「耳に針刺して水抜きます」って言われたら、その瞬間にトークの構成が頭に出てくるよ、そんなもん、本当、困るよね。

春日俊彰:ああ。もう入っちゃうんだね、体にね

若林正恭:うん(笑)

春日俊彰:注入されちゃって(笑)

若林正恭:うん(笑)

春日俊彰:で、今日の生き様芸人に繋がるわけですな。

若林正恭:そう。だから、春日も大変だろ。週刊誌の記者に直撃された瞬間にだよ、あのプロペ通りで。

春日俊彰:プロペ通りじゃない(笑)

若林正恭:中杉通りだろ。あの瞬間、トークの構成がパーッて出てきちゃうだろ、ヤバイと思いつつも。

春日俊彰:そんな余裕、あるわけないだろが(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:程度によるよ、程度に。

若林正恭:程度によるんだよな、あれ(笑)

春日俊彰:程度による(笑)

若林正恭:リアルタイムで「ちょっと話せないな」って思ってることぐらいの方が一番盛り上がるよな(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)まぁ、そうね(笑)

若林正恭:4日ぐらい経つと、「あ、喋り方によっちゃいけるか」になるんだよね。

春日俊彰:そう、「これはいけそうだな」と。

若林正恭:そのぐらいが一番ホットだよね。

春日俊彰:ああ、いいですね。避けながら喋る、みたいなのがね。

若林正恭:そう、そう(笑)

春日俊彰:「OKな感じでお届けする」っていうのが、一番いいよね(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:こっちもノるしね(笑)

若林正恭:そう、そう(笑)旅行中とかも、思う時ある?フィリピンのハネムーン行ったときに、「あ、これは有楽町行きだな」って。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:「フィリピン発有楽町行きのお話だな」って思う時ある?(笑)

春日俊彰:特別便がね(笑)チャーター便が出たなっていう(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:「出せるな」って思うときもあるし。まぁ、でもない時も多いよね。

若林正恭:逆もあるよな。俺も沖縄行ってた時あったわ。

春日俊彰:チャーター、出せるだろうなって行って、全然飛ばない時あるね。

若林正恭:冷や汗出るよな。旅行的にはいい感じだから、チャーター便出ないんだよ。

春日俊彰:普通に楽しいだけだから。出ないんだよね。



オードリーのANN

本日の人気記事