オードリー若林、佐久間宣行Pに「深夜のバスケット野郎」呼ばわりされてショック「高い位置からマウントとってきたね」

2019年8月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行に「深夜のバスケット野郎」呼ばわりされてショックを受けていた。

若林正恭:28日、水曜日に佐久間さんのオールナイトニッポン0に、俺、ゲストで出んのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、佐久間さんも言ってたわ、「深夜のバスケット野郎になってんでしょ」みたいなことを。

春日俊彰:うん。

若林正恭:いや、俺は悲しかったね。佐久間さんはそういうのに、俺に寄り添って、「うん、うん」って話を聴いてくれる人だと思ったら、いやぁ、高っい位置からマウントとってきたね。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:いやぁ、もう遥か上からワイヤーで降りてきて、マウントとったわ。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:小林幸子の状態から降りてきて、ドスッとオクタゴン降りてきたわ。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:寄り添う人だよ、佐久間さんは。「うん、うん。分かるよ、バスケット夜ね、分かるよ」って言わなきゃいけないよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:だから振ってんのかな、もしかしてスペシャルウィークに向けて、その熱い試合になるように。そういうのはもうプロだからね、向こうは。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:いつ頃から、どのぐらいのグラデーションで振れば、当日熱くなるかは、一番業界で知ってる人だから(笑)

春日俊彰:まぁ、そうだろうね。それは呼び込まれているかもしれないなぁ。

若林正恭:呼び込まれてるかもしれないね。

春日俊彰:「上がってこい」っつって。「上がってこい、この野郎」っつって(笑)

若林正恭:それで、なんか言ってんのよ。「若林は、いつの間にか、生き様芸人だね」みたいな。トンデモないイジリ方だよね。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:こっちはそのつもりはないんだよ(笑)

春日俊彰:うん、やってやったらいいんだよ。

若林正恭:うん。で、考えてたのよ。「いつから生き様芸人なんて言われる感じになったのかな?」と思って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:青銅さんのせいだね、完全に。26ぐらいに初めて会った、ラジオ日本で。「フリートーカージャック」。後のね、「フリートーカーキング」ですよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:4時55分。俺が一本、5分フリートークしてね、5時になるっていう。ウチの母ちゃんだけだよ、リアタイしてやのね、あの番組を(笑)

春日俊彰:その頃はまだね、radikoとかもなかったから。生で聴かないとね(笑)



オードリーのANN

本日の人気記事