山里亮太、華原朋美が『アウトデラックス』収録の直前に「廊下を全力疾走していた」という奇行をしていて思わず「隠れちゃってさ、俺(笑)」

2021年4月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、華原朋美が『アウトデラックス』収録の直前に「廊下を全力疾走していた」という奇行をしていて思わず「隠れちゃってさ、俺(笑)」などと語っていた。

山里亮太:俺も気合を入れて。「何かが起こりそうな場所、そこにいられる幸せを噛み締めよう」と。で、収録に向かうんだけど、それがなんか…武者震いから、ガチ震いに変わって。

物凄いスピードで走る華原朋美さんを見たのよ、廊下で(笑)全然、何も悪くないはずなのに、隠れちゃってさ、俺(笑)

やっぱその…あれぐらいの感じの大人の人が全力疾走する姿って、ザワザワするじゃない(笑)で、「ああ…何かが起きる」って思って。

で、スタジオ入って。一発目だったから、朋ちゃんが。で、オープニングトークがあって、その後に朋ちゃんを招き入れるんだけど。オープニングトークでは俺とマツコさんと矢部さん3人でね、他愛もないことを話すわけですよ。オープニングトークって全然オンエアにならないから、色んなことを喋ってて。

で、矢部さんが「そろそろいこうか」ってなったら、「さぁ、ということでございまして」って言うか、矢部さんが呼び込みのタイトルを言うかなんだけど。でも3人が3人、あの日、異様に長いのよ、オープニングが(笑)

なんて言うんだろうな…扉を開けてしまう。「さぁいきましょう」って言うのが鍵。その鍵を差し込んで捻ったら、何かが起きる。どうなってしまうんだろうのドキドキから、あんまりウチの主、矢部さんが回しに行かないっていう(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事