明石家さんま、radikoで『ヤンタン』が全国的に聴かれるようになる一方で「発言を抑えてる自分がイヤ」という功罪について語る

2019年8月17日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、radikoで同番組が全国的に聴かれるようになる一方で「発言を抑えてる自分がイヤ」という功罪について語っていた。

明石家さんま:結構、増えてきてるよね、ラジオファンが。

牧野真莉愛:そうですね。

明石家さんま:ラジオがダメな時代に来たって言いながら、最近、やっぱりネットのおかげやな、これな。

村上ショージ:それもありますね。先程も、SHOWROOMやってたんですけど、ここ早めにきて。「ヤンタン聴いてます」「今日、ヤンタンですか」って多いですよ。

明石家さんま:うん。本当に、ネットのおかげやと思う。これ、俺が喋ったことがトップニュースになったり。

村上ショージ:ああ、なりますね。

明石家さんま:「ヤンタンで喋ってんのか」っていうのが、どんどん、どんどん広まっていってんのやろうな。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:だから、ヤンタン聞いてるって、凄い多いよな。

村上ショージ:多いですね。radikoとか色々ですから。

明石家さんま:ありがたい。俺らみたいなラジオ世代の人間は、嬉しい感じですよね。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:ただ、昔みたいに「大阪しか言えない」「ラジオしか言えない」ことが、ニュースになってしまうんで。

村上ショージ:うん、なるほど。

明石家さんま:それだけは困る。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:「大阪のラジオのファンだけこの話知ってる」で止まったんですよ。

飯窪春菜:うん、うん。

明石家さんま:「さんま、ヤンタンしかこれ言わないぞ」っていう。それがすぐ全国的になるから。

飯窪春菜:今、業界大注目ですもんね、ヤンタンが。

明石家さんま:それを抑えてる自分がイヤやねん、言いたいこと。昔はこれ、言い切ってたやろうなっていうのが、多々あるな。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:それは仕方ないな。ありがたいこと、ラジオ界にとってはね。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事

本日の人気記事