空気階段・水川かたまり、大学進学するも馴染めずに引きこもり生活を送っていた時期を『爆笑問題カーボーイ』が支えてくれたと明かす「爆笑問題さんが好きでお笑い芸人に」

2021年3月29日放送のTBSラジオ系の番組『空気階段の踊り場』(毎週月 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・空気階段の水川かたまりが、大学進学するも馴染めずに引きこもり生活を送っていた時期を『爆笑問題カーボーイ』が支えてくれたと明かしていた。

水川かたまり:慶応大学に入ってね。入ったところ、内部進学の色の浅黒い、ゴルフやってる金持ちのボンボンに…僕は岡山出身で「じゃが、じゃが」と方言で付いててね。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:じゃが、じゃが喋ってたら、「お前ちょっと来い」って呼び出されて。「お前、じゃがいも星人なのか?」と言われ、僕は「じゃがいも星人じゃないです」しか返せず、僕はそれからもう大学に行かなくなり。

鈴木もぐら:早かったですよね。3ヶ月ぐらいでしたっけ?

水川かたまり:うん。当時ね、日吉の半地下のアパートですよ。本当に何か薄暗い、陽も入らないようなアパートで一人暮らしをしてまして。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:家に引きこもってね。で、その時にね、お笑いに出会って。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:凄い悲惨な、もう「僕は東京に来て何やってんだろう…」っていう状況でしたけれども、お笑い面白いじゃんって。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:そこから近くのゲオに毎日行って、お笑いのDVD借りてきて。もう昼はひたすらお笑いのDVDを見て、ギャハギャハ笑って。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:で、夜はもうラジオもともと好きだったんで、ラジオ聴いてパワプロやって、朝に。

鈴木もぐら:パワプロやってたんだ?(笑)サクセスでしょ。

水川かたまり:サクセスで2000人ぐらい作ってましたよ。

鈴木もぐら:ふふ(笑)作ったねぇ(笑)

水川かたまり:本当に好きだったから、僕は『爆笑問題カーボーイ』を聞いてね、爆笑問題さんが好きで、お笑い芸人になったんで。

鈴木もぐら:はい。

水川かたまり:本当に太田光とか、田中裕二とか、サクセスで作りながらね。

鈴木もぐら:はっはっはっ(笑)それ、太田さんはどこ守ってんの?

水川かたまり:太田さんはピッチャーで、田中さんはキャッチャーです。

鈴木もぐら:あ、田中さんはキャッチャーで、バッテリで?(笑)

水川かたまり:うん。本当は、田中さんピッチャーで、太田さんライトらしいんだけど。

鈴木もぐら:ふふ(笑)



空気階段の踊り場

本日の人気記事