山里亮太、オードリー若林の公開説教後に『たりないふたり』チームのスタッフが「肩をツンツンして帰っていった」と明かす「そのツンツンに全部こもってたよね」

2021年3月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭の公開説教後に『たりないふたり』チームのスタッフが「肩をツンツンして帰っていった」と明かしていた。

山里亮太:今日、TBSに来たら、ちょうど『たりふた』チームがね、言ったらオードリーとズブズブな…こういう言い方しちゃダメ、オードリーとよく番組をやってる水口っちゃんに会ったのよ。

もうニヤニヤして、俺の肩をツンツンってやって帰ったもんね。そのツンツンに全部こもってたよね。いや、申し訳なかったと思って。

…どうももはや「たりないひとり」山里亮太でございます(笑)先々週、『たりないふたり』チームは、「俺じゃなくて若ちゃん派だろ」って。「若ちゃんばっかり一緒に番組やってさ」なんて愚痴って。

「もうヤダよ、俺はたりないふたりは」なんて言ってさ。それで若ちゃんにも気をつかわせちゃって。先々週の土曜日に若ちゃんがラジオで言うから。それを受けて俺が猛反省して、その猛反省が全然エンタメに昇華できないでお送りした、先週のオープニング20分。いやぁ、ヒドかったねぇ、あれは。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事