伊集院光、元プロ野球選手のYouTubeチャンネルはテレビ慣れしたOBの話が面白いのではなく「ゲストとして連れてきた人との、関係性が良い時の話の弾け方が面白い」と語る

2021年3月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、元プロ野球選手のYouTubeチャンネルはテレビ慣れしたOBの話が面白いのではなく「ゲストとして連れてきた人との、関係性が良い時の話の弾け方が面白い」と語っていた。

伊集院光:「デーブ大久保の野球YouTubeが超面白い」って話しますか。

デーブ大久保チャンネル

なんかね、野球YouTube、プロ野球OBがやたらYouTubeやってるんですよ。そもそもは、「高木豊さんのYouTube」面白いって感じだったのが、もう雨後の筍のごとく、色んなプロ野球OBのYouTubeチャンネルがあって。

高木 豊 Takagi Yutaka

…野球YouTubeを見て思うのは、いわゆるそのプロ野球OBの中でも、タレント性があって話が上手かったりとか、テレビに出慣れているプロ野球OBの話が面白いんじゃないかと思ったら、実はそうじゃないっていう。

そういう人達って、「ここまで喋っちゃいけない」とか、「ここまで喋っていい」みたいなところが、ちゃんとできてるから。だから、聞き心地はいいし、あとその初心者、プロ野球初心者にとってはまぁまぁ面白い話なんだろうけど。

ぶっちゃけ、俺の中で上原浩治さんとか、それから里崎さんとかのYouTubeは普通っていう。プロ野球初心者や、ファンの人はワクワクするんだろうけれども、なんか「だったら、テレビのそのスポーツ特番でいいや」っていう感じなんだけど。

そうではない、もしくはそうだと思っていない人が、ゲストとして連れてきた人との関係性が良い時の話の弾け方とかが面白くて。あと、「この人そんなにいけんだ」みたいな人が、期待してなかったけどいけんだ、っていう。

あと、さらにはそういう人がさらには「YouTubeならここまで言っちゃっていいか」みたいなところが出来てたりとかするとよくて。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事