オードリー若林、福島県沖の地震で「東日本大震災から10年」であると振り返る「防災グッズの10年もつ水を買い替えたばかりで」

2021年2月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、福島県沖の地震で「東日本大震災から10年」であると振り返っていた。

若林正恭:揺れましたね。

春日俊彰:結構ね、「あ、地震だね」って。佐藤ミツと一緒にいたんだけどね。

若林正恭:うん。

春日俊彰:「地震だね」なんつって。

若林正恭:うん。

春日俊彰:「あれ?結構揺れるね」なんつって、すぐドア開けてさ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:結構長い間ね。

若林正恭:そうだよね。あれから10年経つのか。

春日俊彰:ちょうどそうか。

若林正恭:ねぇ。

春日俊彰:来月で?

若林正恭:10年だよね。

春日俊彰:いや、そうですなぁ。

若林正恭:ちょうど防災グッズの10年お水がもつみたいなのがあるじゃない。

春日俊彰:そうか、ああいうのって5年とか10年か、大体。

若林正恭:そう、そう。それをこの間、買い替えたばっかりだったんだよね。だから「10年経った」と思ってさ。

春日俊彰:その時に買ったね。

若林正恭:そう、そう。



オードリーのANN

本日の人気記事