佐久間宣行P、おぎやはぎ矢作がオークラの『ドラゴン桜2』脚本担当を喜んで「やったな!」と本人をわざわざ探して言いに来たことに「矢作さん、とにかくいい人」

2021年2月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、おぎやはぎ・矢作兼がオークラの『ドラゴン桜2』脚本担当を喜んで、「やったな!」と本人をわざわざ探して言いに来たことに「矢作さん、とにかくいい人」などと語っていた。

佐久間宣行:一年前ぐらいかな、オークラさんから聞いた話を、俺もそんな色んな人には言ってないんだけど、矢作さんだけには言ったのよ。

佐久間宣行P、オークラが『ドラゴン桜2』の脚本を担当することになったことに驚き「だって、バリバリのバラエティの構成作家のオークラさんが」

そしたら、オークラさんが言ってたんだけど、矢作さんがね、オークラさんがわざわざいるところを見つけて、矢作さんがわざわざ楽屋開けて、「オークラ、やったな!」って(笑)矢作さん言ってくれたんだって。

矢作さんって、とにかくいい人だよね。いい人っていうか、カッコイイよね。自分のことのように喜んで、「オークラ、やったな!」って言ってくれたらしいよ。

普通だったら、「格上がっちゃったな」みたいなところあんじゃん。とにかく手放しで喜んでくれたから、「矢作さんってめちゃくちゃいい人だよ!」って酒飲みながら言ってて、昔ね。それで泣いてた(笑)

オークラさん、すぐ泣くからね(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事