AKB48柏木由紀、『ヘビーローテーション』のMV撮影でいきなり現場で下着撮影と知らされて「毛の処理」のことで「めっちゃ焦った」と告白

2021年2月10日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、AKB48・柏木由紀が、『ヘビーローテーション』のMV撮影でいきなり現場で下着撮影と知らされて「毛の処理」のことで「めっちゃ焦った」と告白していた。

柏木由紀:知らなかったんで、『ヘビー・ローテーション』のMVを下着で撮影って。

ケンドーコバヤシ:うん。

柏木由紀:行って…

ケンドーコバヤシ:だから処理しとけって言ってるやん。

柏木由紀:たしかに、めっちゃ焦った(笑)

田中卓志:「ヤベェ」っつって。

柏木由紀:そう、本当にそう、行って…

山根良顕:ああ。

柏木由紀:「え?下着?」みたいな。

山根良顕:そうなるよね。聞いてなかったの?

柏木由紀:全員、聞いてなくて。でも、朝、みんな結構忙しかったんで、ギリギリで行って。

山根良顕:うん。

柏木由紀:まずあのめちゃくちゃ可愛いセットに連れて行かれて。

ケンドーコバヤシ:うん。

柏木由紀:「ここでとにかく可愛く撮ります」って、そうやってメンバーのテンションを上げてくれて、「下着でも絶対に可愛く撮る」って蜷川さんが言ってくださって。

山根良顕:うん。

柏木由紀:たしかにメンバーもめちゃくちゃ乗ってきて、凄い遅い時間の撮影でも、超テンション高くて。

ケンドーコバヤシ:ああ。まさに監督の仕事してくれたんや。

柏木由紀:うん、本当に。凄いなと思いました。めちゃくちゃ楽しかったです。



アッパレやってまーす

本日の人気記事