安住紳一郎、会社員の「退職の仕方や挨拶」には「その人のそれまでの会社員としての生き方が表れる」と語る

2021年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、TBSアナウンサーの安住紳一郎が、会社員の「退職の仕方や挨拶」には「その人のそれまでの会社員としての生き方が表れる」と語っていた。

安住紳一郎:「退社する」みたいな話を先輩に言う時は、ちゃんとやっぱりね。

太田光:ああ。

安住紳一郎:それなり誠意を持って。いくら入ってすぐとはいえですね。

太田光:うん。

安住紳一郎:やらないと。

太田光:そういうのあった?

安住紳一郎:いやぁ、まぁそれぞれね、個人的な考え…

太田光:結構TBSの女子アナ辞めてくじゃん。

安住紳一郎:そうですね。結局、私の持論で、最後の辞め方っていうのはその人のアナウンサー人生を表した辞め方しかしないんです。

太田光:そうだよ、本当にそうだと思うよ。

安住紳一郎:だから、「ああ、この人は本質を見ないクセがあるな」と思ったら、本質を避けた挨拶するし。

太田光:ああ。

安住紳一郎:で、情熱的にやってる人は、やっぱり情熱的な最後の挨拶をするし。

太田光:情熱的って言うと、コーヒーかけるみたいなのも情熱じゃん。

安住紳一郎:それはなに?

太田光:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:誰のこと言ってるの?

太田光:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:宇垣さんのことを言ってるの?

太田光:コーヒーかけられたんだろ?

安住紳一郎:コーヒーかけられてない(笑)

太田光:なに?紅茶?

安住紳一郎:紅茶じゃない(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

外山惠理:種類が変わったよ(笑)

安住紳一郎:だから、辞め方とか、辞める時の挨拶とか感謝の伝え方は、その人のそれまでのサラリーマンとか組織の生き方が出るから。

太田光:そうだよね。

安住紳一郎:そこはきっちりした方がいいな、と思いますね。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事