安住紳一郎、敵を作るのを覚悟で「TBSの編成や社長の言うことを聞かず、自分のやり方を通す」と決意した理由を告白「そのやり方じゃないと、生き残れないと思って」

2021年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、TBSアナウンサーの安住紳一郎が、敵を作るのを覚悟で「TBSの編成や社長の言うことを聞かず、自分のやり方を通す」と決意した理由を告白していた。

太田光:俺がTBSで番組始めた、1年目に言われたんだよ。まず最初に「安住っていうアナウンサーがいまして」って。その時、新人でしたけど。

安住紳一郎:ええ。

太田光:もう既に社長物件なんで、「ここには触らないでください」って。

安住紳一郎:新人の時から社長物件じゃないですよ(笑)

太田光:メモ渡されて。注意書きみたいな。

安住紳一郎:そんなことない(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

良原安美:本当ですか。

安住紳一郎:違うから。

外山惠理:でも、偉くなっちゃったもんね。

太田光:偉いんだよ、もう元々ね。

安住紳一郎:これはもう、深夜ラジオなんで言いますけど、当時、そういうやり方をやって、私は…

太田光:嫌われた?

安住紳一郎:嫌われたっていうか、なるべく上の方に行きたいっていうやり方だったんだよね。

太田光:ああ、そういう作戦だったの?

安住紳一郎:そうです。

太田光:麒麟がくる、みたいな?

安住紳一郎:そうです。メールは見ません、FAX見ません、電話出ません。それから、上の人の言うことを聞きません。

太田光:おお。

安住紳一郎:なぜなら、上の人の言うことを聞いていたら、結局、TBSテレビTBSラジオの平均点がつくはずだから、ここはもう自分のやり方だけってことで。だから、相当嫌われました。

太田光:ああ。

安住紳一郎:相当、煙たがられましたけども、そのやり方じゃないと、TBSテレビでは生き残れないと思って。

太田光:へぇ、そうなの?

安住紳一郎:なので、編成の言うこと聞きません、社長の言うこと聞きません。

太田光:それで、小林豊が怒ったって話だよね。

安住紳一郎:怒ったのは、浦口直樹さんでした。

太田光:はっはっはっ(笑)浦口さん、風俗王ね(笑)

安住紳一郎:風俗王ではありません(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)「矢野」っていう名前で行ってますから。

安住紳一郎:そうなんですか。

太田光:風俗ネームがあるんですよ、浦口さん(笑)

外山惠理:ちょっと(笑)今頃、ビックラこいてますよ、本当に(笑)

太田光:矢野で通ってますから、業界では(笑)

安住紳一郎:定年退職して、今は平和に暮らしてるんですから、やめてくださいよ。

太田光:はっはっはっ(笑)



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事