安住紳一郎、TBSの上層部から「なぜ言うことを聞かない」と圧力があった場合は「では、私は失礼します」と番組を去るということを若手時代から行っていたと告白

2021年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、TBSアナウンサーの安住紳一郎が、TBSの上層部から「なぜ言うことを聞かない」と圧力があった場合は「では、私は失礼します」と番組を去るということを若手時代から行っていたと告白していた。

太田光:そういうの(安住紳一郎、敵を作るのを覚悟で「TBSの編成や社長の言うことを聞かず、自分のやり方を通す」と決意した理由を告白「そのやり方じゃないと、生き残れないと思って」)があったの?

安住紳一郎:そうです。

太田光:だからみんな、腫れ物に触るような感じなの?

安住紳一郎:そうです。それで、必ず交渉の時は、「なぜ言うことを聞かない」っていう上からの圧があった時は、「では、私は失礼します」っていう、そのなんか毎回そのやり取りがあったんですよ。

太田光:ああ、「失礼します」は、「もうこの場を去ります」ってこと?

安住紳一郎:はい、そうです。

太田光:よくそれ、そんな若手の頃にできたね。

安住紳一郎:いや、だから今考えると本当に生意気で手を付けられないと思うんですけど。

太田光:ああ。

安住紳一郎:だからそういう風にやって、何とかって感じですよね。

太田光:それでもだから、会社が自分を切れないだろうっていう、なんかそういう自信があったってこと?

安住紳一郎:そうじゃなくて、そのやり方じゃないと多分、自分は続かないと思ったんですね、きっとね。

太田光:へぇ。

安住紳一郎:ちょっとね、昔生意気だったもんね?今もそうだけど。

外山惠理:安住君?でも、昔の方がいい人だったよ。

太田光:いや、でもワンちゃんの方がもっと生意気だから(笑)

安住紳一郎:ふふ(笑)

外山惠理:昔の方がいい人だった。

安住紳一郎:あ、そうね。それもう少し詳しくお願いします(笑)

良原安美:ふふ(笑)

安住紳一郎:だから、3年目ぐらいからおかしくなったんだよね。

太田光:ワンちゃん?

外山惠理:違う違う(笑)でも、安住さんはさ、実力っていうか、努力をやっぱりしてたから。

安住紳一郎:いえいえ。

外山惠理:見せなかったけど。でも、やっぱり凄いなって思う面はあったので。

太田光:うん。

外山惠理:本当に、人間としてはどうかと思ったけど、アナウンサーとしては凄く私は…あっ、まぁでも仲良かったですけどね、凄く。

太田光:ねぇ、お互い狂犬だもんね(笑)



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事