ナイツ塙、地味なアナウンサーが個性を出そうとやりがちな「赤い縁の眼鏡や蝶ネクタイ」について「痛々しくて見てらんない」と発言

2021年1月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、地味なアナウンサーが個性を出そうとやりがちな「赤い縁の眼鏡や蝶ネクタイ」について、「痛々しくて見てらんない」と発言していた。

塙宣之:(存在感や特徴がなくて)これがだから、よく言うのが、このままの方がよくて。

土屋伸之:うん。

塙宣之:失敗する人って多くて。地方局のアナウンサーとか、地味な人が失敗するのが、赤い縁の眼鏡をかけ始めるの。

土屋伸之:はっはっはっ(笑)

清水ミチコ:ああ、あれなんだろう(笑)

塙宣之:見てられない、もう痛くて。

土屋伸之:ああ、あるある(笑)

清水ミチコ:赤い縁の眼鏡(笑)

塙宣之:赤い縁の眼鏡で、個性を出そうとするんですよ、個性ない奴が。

土屋伸之:今から赤眼鏡かけるか、じゃあ(笑)

清水ミチコ:ああ(笑)蝶ネクタイとかね。

塙宣之:蝶ネクタイとかするんですよ。

清水ミチコ:ヤバイ、ヤバイ。

土屋伸之:痛々しい?(笑)

塙宣之:痛いんだよ、あれ。

土屋伸之:はっはっはっ(笑)

清水ミチコ:そうだね、「そんな子じゃないよ。自信持ちな」っていう時、あるからね、そうだね、土屋君、それに負けないでね(笑)

土屋伸之:そうですか、じゃあこのままいきますかね。

塙宣之:覆面とかだろうね。

土屋伸之:覆面?覆面をかぶってやるの?(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事