山里亮太、妻・蒼井優と「結婚して初めてちょっとした衝突があった」と告白「夫婦で『天穂のサクナヒメ』をやってるんですけど…」

2021年1月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、妻・蒼井優と「結婚して初めてちょっとした衝突があった」と告白していた。

山里亮太:夫婦で『天穂のサクナヒメ』をやってるんですけど、基本的にアクションRPGで、アクションの方は私に委ねられていて、鬼と戦っていく。で、これ夫婦の会話っぽいっていえばそれっぽいんですけど、「家のことは任せて」って言うのね、WAONさんが。

「家のことは私やるから。亮太は、鬼を倒してきて」って。で、アクション部分は俺、田んぼの方はWAONさんっていう。

で、朝起きるじゃない、テレビの方の部屋行ったら、奥さんが肥を汲んでるわけよ(笑)それで表を見ながら、「昨日、ダメだ。猪肉食べすぎたかなぁ」って(笑)「琥珀入れて、銅鉱石入れて、水でちょっと薄めるか」ってやってて、こだわりが凄い人だから。

で、結婚して初めてちょっとした衝突があったのよ。私、山里亮太とWAONさんの中で、田んぼに対する考え方の違いでちょっとぶつかるんだよね。

俺は、レベル上げるためにたくさんの米があったほうがいい、と。俺は質より量派だったから。でも、WAONさんは農書に稲を育てる方法とか全部読み込んでた上で、「せっかくいい米が作れるなら、その農書に従って、収穫量は減るかもしれないけど、いい米を作らない?」って。

「でも、トレードで油とか手に入るから、最初の内は量でいいんじゃない?」「いや、私はしっかりいい米を作りたい、せっかくだから」「でもさ…」「家のことは任せて欲しい」って、WAONさんが譲らないのよ。美しさを追求したいって。

「分かった」って。これ以上言うのもあれだしって。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事