山里亮太、弘中綾香のエッセイ本でオードリー若林が対談していたことに嫉妬「若林、中で対談してたわ…」

2021年1月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、弘中綾香のエッセイ本で、オードリー・若林正恭が対談していたことに嫉妬していた。

山里亮太:「帯をお願いします」って言われると、嬉しいなぁ、みたいな。帯って結構大事じゃない、書店で手にとってもらうためのね。一番のサインですから。それを頼まれるってことは、「僕のこと、信じてくれてんだ」みたいになるじゃない。

最近も頼まれましてね。『あざとくて何が悪いの?』って番組、私やってまして。弘中さんと、田中みな実大先生と一緒にやってますけども。弘中さんがね、ご本を出されるいうことで。

で、その本の帯を、なんて言われて「え?」と。弘中さんと言えば、テレ朝のスーパーエースでね、名だたる方とタッグ組んでやってるわけですよね。

言ったらね、ノブさん。『ノブナカなんなん?』って。で、『あざとくて何が悪いの?』では山里。『激レアさん』でオードリー若ちゃん。

そんな中で、中から私。なんかそういうのを体温に出さないよねぇって。「意外と信頼してくれてんだ」って。「俺なんかでよかったら、全然いいよ」なんて。

そしたら、俺とノブさんだったね。で、俺は思ったね。「あ、そうなんだ?」って。『あざとくて』と『ノブナカ』って同じくらいの長さで。それで、申し訳ないなって思う人が一人いるわけよ。

むしろ、あっちの方が番組やってるの長いのにって。ここで上だ、下だじゃないのよ。一回ね、言われたから、若ちゃんにも。「まだ上だ下だって言ってんのか」って。

今ね、デリケートなところよ。『たりないふたり』のそういうところ。「でも、あ、そうなんだ」って思って。ノブさんと書くかって。「よくないよ、弘中ちゃん。そういうの意外と気にするよ」って思って。

で、帯書くために読ませてもらったの。若林、中で対談してたわ。対談…凄いいい感じの。文才に溢れまくった二人の。吐きそうだよ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事